『小説を書こう!』と意気込まなくていいです。

小説の書き方

『小説が書けない』という人は、最初から小説を書こうとしています。

 

小説の一行目が書けない猫アバター すこにゃ
すこニャ
え? 意味分からん。
小説の一行目が書けない猫アバター すこにゃ
すこニャ
小説を書きたいんだから、小説を書こうとしないといけないんじゃないの?

 

 

晶山嵐アバター 普通
晶山嵐
『小説を書こう!』と意気込まなくていいです。
晶山嵐アバター 普通
晶山嵐
『文章』を書きましょう。
晶山嵐アバター 普通
晶山嵐
『テキスト』を書きましょう。

 

小説って「『文章』の集まり」なんです。

お給料を貰ったときに、

これはシャネルのバッグを買うためのお金、

って思いませんよね?

 

  1. お店にいって、
  2. シャネルのバッグを見て
  3. ほしいと思ったときに
  4. 余裕資金があるから、

シャネルのバッグを買いますよね?

 

テキストも一緒なんです。

『このタイトルの小説のテキスト』として書くのではないのです。

 

  1. テキストをメモする。
  2. たくさんメモする。
  3. それらのメモが頭の中でつながっていく。
  4. つながったのをコピー&ペーストで合体させて長くしていく。
  5. 冒頭や、クライマックスやラストを書く。
  6. 小説になった!

これが、『テキストを書く』の真意です。

 

『小説を書く』と思うから書けない。

もちろん、なれたら最初から『小説を書く』と思ってテキストを書けばいいです。

ただ、最初から『小説を書く』と思ってテキストを書き始めると

『完了させなきゃ!』って思うでしょ?

 

小説の一行目が書けない猫アバター すこにゃ
すこニャ
当然だよね? 完了させないと小説にならないよ?
晶山嵐アバター 普通
晶山嵐
だから、書けないんだよね?
小説の一行目が書けない猫アバター すこにゃ
すこニャ
ん?
小説の一行目が書けない猫アバター すこにゃ
すこニャ
どういうこと?

 

晶山嵐アバター 普通
晶山嵐
『最初』は『アイデア』なんだよ。『ネタ』なの。

『ネタ』なのに『小説』と思うから、

  • 冒頭から書かなきゃ!
  • 完結させなきゃ!

ってなる。

 

それ、『ネタ』だよ。

晶山嵐アバター 普通
晶山嵐
『ネタ』はネタで放置しておけばいいの。

 

小説の一行目が書けない猫アバター すこにゃ
すこニャ
え? 放置したら、小説にならないよ?
晶山嵐アバター 普通
晶山嵐
だから、それは『ネタ』だから、『小説』じゃないんだって。
小説の一行目が書けない猫アバター すこにゃ
すこニャ
え?

 

すこにゃちゃんの『小説を書く』というのは、この記事の、

【小説を書くために】物語はどうやって生まれるか | 小説の書き方-プロ作家が答えます

『突発的に話全部が出てくる場合』を想定してると思うの。

 

『全部浮かんでるなら最初から書ける』けど

そういう風に浮かばないこともあるんだよ。

 

晶山嵐アバター 普通
晶山嵐
ネタは、『ネタ』として、1ファイル1ネタで保管しておけばいいの。
小説の一行目が書けない猫アバター すこにゃ
すこニャ
1ファイル1ネタなの? 凄い数にならない?
晶山嵐アバター 普通
晶山嵐
私は、小説になってないネタファイルだけで数千ファイルあるよ。
小説の一行目が書けない猫アバター すこにゃ
すこニャ
ふぁっ!

 

晶山嵐アバター 普通
晶山嵐
『ネタ』全部をそれぞれ一本の小説にしようとするからできないの。
晶山嵐アバター 普通
晶山嵐
『ネタ』はネタとして放置しておけば、そのうち一割は小説で使うから。
小説の一行目が書けない猫アバター すこにゃ
すこニャ
残りの9割は?
晶山嵐アバター 普通
晶山嵐
一生死蔵。
小説の一行目が書けない猫アバター すこにゃ
すこニャ
ファッ!

 

晶山嵐アバター 普通
晶山嵐
絵を書く人が、『デッサン』を全部、公開する?
小説の一行目が書けない猫アバター すこにゃ
すこニャ
……してない、よね? 完成品だけ公開してる。
晶山嵐アバター 普通
晶山嵐
でしょ? ネタって『デッサン』なんだよ。公開する意味がないの。山ほどたまるものなの。
小説の一行目が書けない猫アバター すこにゃ
すこニャ
『ネタ』って『デッサン』なんだ? 
晶山嵐アバター 普通
晶山嵐
そうそう

 

小説の一行目が書けない猫アバター すこにゃ
すこニャ
『最初に書いたデッサン』を『一枚の絵』にしようとしてるから私はできないんだ?
晶山嵐アバター 普通
晶山嵐
そうそう。デッサンは何枚も書いて、ようやく一枚の絵の構図が決まるんだよ。
小説の一行目が書けない猫アバター すこにゃ
すこニャ
あー…………『ネタ』を書き留めるってそういうこと?

 

映画『アバター』の『ネタ』は

『植民地星で原住民をいじめてたらしっぺ返しくらいました』

になる。

そして、これがクライマックスにもなる。

 

そこから

  1. キャラクターネタ。(人数分)
  2. 冒頭ネタ。(世界観説明)
  3. キャラクターの人となりを紹介するネタ。
  4. キャラクターの心証が変わるネタ。(場面分)
  5. 恋愛ネタ。
  6. キャラクターを支援する人達のネタ。(人数分)
  7. ……

と『ネタ』が必要になる。

 

これを『一つのネタ』で全部書こうとするから書けない。

 

そして、私が二次創作を勧めるのは

『世界観の説明』が不要だから。

 

オリジナルでは『世界観の説明』が私は一番好きだけど

そこを思い付かない人が多いらしい。

それができない場合は二次創作をすれば

みんなその世界観を知ってるから、説明しなくて良くなる。

 

『世界観の説明』という『大きなネタ』を用意しなくて良くなるのね。

もちろん『キャラクターの説明』も大体ははぶける。

 

『話にだけ注力できる』のが二次創作。

 

極力全部省いたところで、『書くこと』だけに集中して

『場数』を上げたあとで、オリジナルしたいならすればいい。

 

『どういう始め方』をしてもいいから

『とにかく書く』のです。

 

頭の中で考えない。

頭の中でこのネタ面白くない、と取捨選択する前に

それを100文字程度で文章にしましょう。

 

100文字程度というのは、長く書けない場合の話です。

長く書ける人は、頭の中のものを全部書き出しましょう。

 

長く書けない人は、

  1. ツイッター二つ分の文章にしてみましょう。
  2. ツイッター10個分の文章にしてみましょう。
  3. ブログ記事一つ分にしてみましょう。

 

『長い文章』を書くためには、もうちょっとネタが必要だ、

ということに気付くでしょう?

 

『一本の小説』を書くためには、かなりのネタが必要だ、

と気付くでしょう?

 

『気付く』ことで、『改善』できますよね?

 

『気付かない』かぎり、誰に何を言われても『改善』はできないのです。

 

部屋の掃除をしなさいよ!

とどれだけ言われても掃除しないのは

『部屋が汚いことによる損失』を感じていないのです。

 

『損を感じていない』のに、動く訳無いですよね?

時間は有限なんだから、『しないと損』か『したら得』なことからしますよね?

 

  • 部屋が汚いとイライラする。
  • 部屋が汚いと、失せ物が多い。
  • 部屋が汚いと、捜し物がはかどらない。

こういう『損失』って『気付かない』んですよね。

『いつものことだから』

 

『部屋が綺麗な状態を一カ月』ぐらい続けたら、

  • 部屋が綺麗だとイライラしない。
  • 部屋が綺麗だと、物がなくならない! すぐ見つかる!
  • 部屋が綺麗だと、捜し物が簡単!

こういうことがわかるんです。

利点が分かったから、『損をしてた』ことが分かるんですね。

 

なら

  • 『得なんだからしよう』
  • 『損しないためにしよう』

って思いますよね。

 

『あなたが納得する』ことが大事なんです。

 

それまでは、誰に何を言われても、あなたは動かないんです。

 

私がここで、何度、『多作しましょう』と何度も何度も書いたって

  • 『多作』には時間がかかります。
  • 手間もかかります。

 

多作しない限り、

  • 多作していない損失
  • 多作したときの利得

これに気付かないから、『しない』んです。

 

だから、『しないあなたが普通』なんです。

それが『普通』なので、それでいいんです。

 

でもあなたは『普通』でいたいんですか?

 

『普通』でいたくないから小説を書き始めたんですよね?

 

多作を日常生活におとし込んでいく。

最初から一週間に一度短文を書くというのは大体の人が無理です。

 

二作目が、一作目の三カ月後に書いたのなら、

  1. 今度は、80日後を目指しましょう。
  2. その次は70日後を目指しましょう。

そうやって、どんどん時間を詰めていくと、書ける数が変わってきます。

 

小説の一行目が書けない猫アバター すこにゃ
すこニャ
それって、毎日書くのに、一年以上かかるよ!
晶山嵐アバター 普通
晶山嵐
じゃあ、明日から毎日やればいいじゃない。
小説の一行目が書けない猫アバター すこにゃ
すこニャ
そんなことできないよ……
晶山嵐アバター 普通
晶山嵐
じゃあ、いつからやるの?
小説の一行目が書けない猫アバター すこにゃ
すこニャ
……
晶山嵐アバター 普通
晶山嵐
二作目を書いた後に、あと一週間早く書いていけば、そのうち毎日書けるよ。
小説の一行目が書けない猫アバター すこにゃ
すこニャ
でも、時間かかるよ。
晶山嵐アバター 普通
晶山嵐
だから、早くしたいなら、今日から毎日書けばいいじゃない。
小説の一行目が書けない猫アバター すこにゃ
すこニャ
……
晶山嵐アバター 普通
晶山嵐
今日できないのに、今すぐできる魔法はないんだよ。

 

今が駄目なのに

現状を変えずによくすることはできないんです。

 

今が駄目なら、現状を変えないといけないんです。

 

今、小説が書けないのなら、別の方法を試さないと行けないんです。

『できない方法』で書こうとしたって、一生書けないんです。

 

一人暮らしのあなたはあなたの部屋にいます。

  1. 水を飲みたい。
  2. あなたの部屋には水はない。
  3. 水を飲みたいなら、どうしますか?

 

友人を呼んで水を汲んで持ってきてもらいますか?

そういう人もたまにいますが、普通は違いますよね?

 

蛇口まであなたが歩いていって、水を汲みますよね?

あなたの部屋には水がないんですから。

 

同じことなんです。

 

  1. 今、あなたがしていることでは小説は書けない。
  2. そのままでは進まない。
  3. 小説を書きたいなら、『他のこと』をしないといけないんです。

それが『なんでもいいからテキストを書く』ということなんです。

 

それを気がついたらしましょう、ってだけなんです。

10文字のメモでもいいから、すぐ取りましょうってだけなんです。

 

『習慣化』ってそれだけのことなんです。

 

あなたの日々のルーチンに『文章を書く』を入れるのです。

 

『良い小説を書かなきゃ!』と思うから書けないのです。

『とりあえずテキストを書く』のです。

 

そのテキストが、ブログになるのか、小説になるのかは

書き終わってからの話なんです。

 

 

 

『とにかくテキストを書く』。

書いた後で決めるのです。

  • 前後を思い付かないネタ。
    • ストック
  • 前後を思い付くネタ
    • 前後を書く。
    • その前後を思い付かない。
      • ストック
    • その前後を思い付く。
      • 前後を書く。

この繰り返しなんです。

 

そして、9割は『ストック(死蔵)』になります。

 

思い付いたネタ全部が小説になると思わない。

その割り切りは必要です。

 

面白くないと思ったらすぐに書くのをやめましょう。

そこで『捨てる』のではなく

『面白いネタが出るまで放置』です。

 

あくまでも『放置』です。

 

『そのうち、小説になるかもしれないテキストの集まり』で

『放置』しましょう。

 

素早くテキスト化するには、ツールも必要。

思い付いた時にテキストを起動して、それに一分かかっていてはアイデアは逃げます。

ここでEvernoteととか、googleドキュメントとかを起動させようとしないように。

 

私は紙copiというソフトを使っています。

そのソフトで、どれだけ素早くテキストファイルが起動できるか

動画にしました。

【小説の書き方】紙copiでどれだけ楽にファイルを作れるか - YouTube

 

昔のEvernoteだと、起動が早かったので紙copiを殆ど使っていませんでしたが

最近のEvernoteはとにかく遅いので、

『パッとひらめいたアイデアを二秒で書き留める』ということは無理です。

 

【この記事を追加した日 2019/01/12 16:39 】開始

Evernoteは早くなりました!

 

18年ラストか、19年初めのバージョンアップで

以前と同じはやさになりました。

『 コントロール オルト n 』 の ショートカット で

EvernoteWindowsの新規ノートが瞬時に立ち上がります。

これは、メモに便利です!

【この記事を追加した日 2019/01/12 16:39 】終了

 

 

 

紙copiより早いソフトがあればそれでいいです。

基本は、三秒以内にメモできること。

それ以上だと、忘れます。

 

思い付いたテキストを忘れることは、

お財布に穴があいて、お金がこぼれてるのと同じぐらい

もったいないことだと、自覚してください。

 

あなたは小説を書きたいのですよね?

つまりは『文字をカタチ』にしたいのですよね?

文字をさいふの穴から捨ててる場合じゃないですよね?

 

全部、メモしましょう。

タイトルとURLをコピーしました