【小説が書けない!】集中力は10秒で切れる。

小説の書き方

小説を書くときは『書くこと』だけをする。

一文字の誤字直しでも、しない方がいい。

 

とにかく『書き切って』、『何も出なくなってから修正』。

これが基本。

 

ここで『書いているのに修正』をするから、

『書くための集中力』が途切れて、『書けなくなる』のです。

【小説が進まない!】書いているときに修正していませんか? | 小説の書き方-プロ作家が答えます

 

でも『書いてる途中』だから『書こうとする』と

もう集中力は切れているから、『書けない』のですね。

 

数秒なら大丈夫。

三秒ルールではないですが、

修正をするのは10秒以内ならやってしまって大丈夫。

 

なぜなら、

  • 十秒ぐらいなら、作業用集中力が途切れないから。
  • 『思い付いたこと』を書き留めないと忘れるから。
  • 『忘れないで置こう』とした瞬間、作業用集中力は途切れるから。

だから、すぐ済むことなら、やってしまったほうがいいです。

 

Aの小説を書いてたときに、

Bの小説で詰まっていた部分を解くためのネタを思い付いた!

とかは、とっととメモしてしまいましょう。

 

この時に、ワードを立ち上げてメモ、とかなると

十秒を越えますのでダメです。

 

こういうのがあるから

『小説を書くソフトにワードはおすすめしない』と言っています。

 

一秒で起動する『エディタ』が一番良いです。

私は紙copiを使っています。

 

作業中に修正しても良い唯一の条件。

この『メモ』する『修正しても良い』には条件があります。

 

考えないこと。

 

  • 『思い付いたこと』をメモで書き留める

のはオーケー。

 

  • 『目についた誤字』をパッと修正する

のもオーケー。

 

  • 『あれ? ここ変だぞ?』と『どうやって修正するかを考える

これがNG。

 

↓『黄色の作業』をしているときに

f:id:amakawawaka:20180520094035j:plain

十秒以内で『青の作業のためのメモ』をしただけなら

すぐに『黄色の作業』に戻れます。

 

でも、『黄色の作業』をしているのに、

f:id:amakawawaka:20180520094038j:plain

『青の作業のことを「考えてしまう」』と

そこで、『黄色の作業への集中力』は切れます。

 

頭は青モードに入っていますから。

 

それなのに、『今は黄色作業中だから』と

『黄色作業』に戻ると、もう、黄色は進みません。

 

これは、『黄色を書き進める』のと『黄色を修正する』でも

別モードになってしまっています。

 

『同じテキスト作業』なのだから『同じモード』、と考えてはいけません。

  • 『書き続ける』
  • 『修正する』

は、まったく脳の働きが違います

 

『書き続ける』は『創作』であり

『あなたにしかできない作業』です。

 

『修正する』は『元テキストがある』ということですから

『人に任せられる仕事』なのです。

 

『修正する』を『創作時間』だとは、思いませんよね?

 

まず『創作時間』である『書き切る』ことに全勢力を使ってください。

修正はスキマ時間でできます。

 

 

【小説が進まない!】書いているときに修正していませんか? | 小説の書き方-プロ作家が答えます

タイトルとURLをコピーしました