【小説の書き方】ネタが多すぎてもつまらない話になります。

askからの質問

晶山さんこんにちは!困っていることがあって投稿しました!  自分の書きたいネタをメモに書き留めながら小説を書いてみても時間をかけて大きなネタを書き終えた小説は五千文字しかないという残念な結果になってしまいます!  ですが文章を上手に書きあげる人は自分より少ないネタでそれ以上かつ面白く書き上げることが出来ます!  この人だけではなくピクシブにある一万字未満で上手な小説は少なくネタで書き上げてるような作品が多いような気がします!  この違いがわからず私はいつまで五千文字ちっぽけしかかくことができない小説を続けるのか憂鬱になってしないます

回答。

ネタが多すぎてもつまらない話になります。

 

今、私もその状態なのでよく分かるんです。

 

 ↓ これを書いていて、同じことを悩んでいます。

痛すぎる彼氏の小説集。by 晶山 嵐(しょうやまらん) | ちょっと痛い系、残酷多めの男と少女の物語。

 

その解決策を最近見つけました。

 

『肉付けする』ことです。

 

小説に『肉付けする』とは?

 

小説の『肉付け』が浅いと、もちろん、面白くないです。

 

私は自分で、『自分のネタ』にかなり『肉付け』するほうだと

自分では考えていたのですが

最近、また、レベルアップして

『まだ足りない!』と思うようになりました。

 

なので、下記のブログで公開している小説を

肉付け直しているところです。

 

全部やりたいですが、とにかく

最近公開の部分からやってます。

 

修正前。

【修正前小説】女子高生軍師、富士山を割る。149 | 小説の書き方-プロ作家が答えます

 

3か月ほど前に大幅修正をして

今日も修正したのが、こちら。 ↓ 

 

【赤狼】女子高生軍師、富士山を割る。149 ~ナガシュは車李より暑い砂漠の国。~" | 痛すぎる彼氏の小説集。by 晶山 嵐(しょうやまらん)

 

一年後にみたら、もっと変わってると思いますが

とりあえず、最初に投稿してから、大きく三回の修正をしたものです。

 

三か月前に変わったのは確か。

2019年04月18日(木)の日誌でこんなメモを残してる。

 

意味わかるかーっ!

ノ`⌒´)ノ ┫:・’.::・┻┻:・’.::・

 

ね?

 

メモは、あとで意味がわかるように

ちゃんと書いておかないとダメよ。

 

でも、その直後に ↓ この記事を推敲してるので

ナニカあったはずなんだ。

 

というか、

何を見て思い付いたんじゃなく

『ハルナ小説、もう一歩、面白くできんか???』

って、ずっっっっっと思ってたのよ。

 

私は面白いけど、他の人は面白くないだろうな

って、わかって公開してた。

 

だから、自分のサイトで公開してたんだ。

人目に触れないようにw

 

絶対にあとで大幅修正をするから。

 

 

『ハルナ小説、もう一歩、面白くできんか???』

『ハルナ小説、もう一歩、面白くできんか???』
『ハルナ小説、もう一歩、面白くできんか???』
『ハルナ小説、もう一歩、面白くできんか???』
『ハルナ小説、もう一歩、面白くできんか???』

 

ずっと思ってたの。

これを投稿する前から思ってたのよ。

 

だから、公開しなかったんだから。

 

ただ、『公開しないと始まらない』から

公開したの。

 

それでもずっと不満だったのよ。

 

『こうじゃないんだよな……』ってのがずっとあって

 

『ハルナ小説、もう一歩、面白くできんか???』

って、ホントに毎日思ってた。

 

この小説が面白くないのは作者の私がわかってたんだよ。

でもなんで書いてたかと言うと

『面白くなるはずだから』。

 

ぜったいにこのネタ自体は面白い筈なんだ。

というか、面白くできるはずなんだ。

そう『信じて』た。

 

足りないものはわかってたんだよ。

『感情』が足りないんだ。

 

そんなものはわかってたんだよ。

話が大きすぎるし、急展開過ぎるから

『説明』で精一杯で

感情がついていってないの。

 

『足りないことはわかってた』のに
『修正案』を『思いつかなかった』んだよ。

 

それが、三か月前『発芽』したんだ。

 

たがらこそのこのメモだと思う。

 

『感情を発芽させる』ってことだと、思う。

(過去の私を恨むよw)

 

過去の私は、
『この一言』で『全部カタがついた!』と思ったんだね。

全部説明できてる!

と思ったから、詳細説明を省いたんだよ。

 

未来の私はわかんねーよっ!

ノ`⌒´)ノ ┫:・’.::・┻┻:・’.::・

 

というか、これをメモしたあとに

この小説を手直しして、それで力尽きて寝ちゃったんだね。

そして、翌日も、翌日も、小説を手直ししてた。

 

だから、手直ししたあとのは、まだ、前よりマシになった。

 

今だからいうけど

この『赤狼』の話って、このブログでも散々書いてる

コレ。

赤狼シリーズ | 小説の書き方-プロ作家が答えます

 

私の『人生プロジェクト』なわけよw

 

BLで公開を始めたけど

元々は、男女モノの英雄譚なのね。

 

あの当時の私はBLしか書いてなかったから、

BLネタにしてしまっただけなの。

 

この話自体がBLを含んでたからそれはいいんだけど

(ハルナ編ではそこらへん、一切書いてない。男女モノだから)

 

これが、同人やめるきっかけになったぐらい、

売れなかったんだよw ハハハハハハ!(笑うしかないさー)

 

頭がコッチに行ってしまったのに

『(BLの)うちの読者には求められてない』ってのがわかって

小説を書く気自体がなくなったのね。

 

一気にエロ熱が覚めた、ってのもあるけど。

 

でもとにかくこの話を書きたくて書きたくて

3Dに行った後も、どうにか角度を変えて『現実化』したくて

ル・アをフィギアで作ったり ↓ してた。

【Daz3D】ル・アの顔を修正する。【ZBrush】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

そうして、三年(長い!)

 

ようやく『発芽』した感じ。

 

去年の夏に、しこたま書きためた。

三週間で、原稿用紙1500枚分ぐらいあげたんじゃなかったかな?

過去最高に小説を書いてた時期だった!

 

その時は、でも、公開できなかったの。

『つまらなかった』から。

 

それだけ書いてもつまらなかったの。

 

私は『自分の世界』が描けて楽しかったけど

これは、他の人が読んだら面白くないだろうな、って思った。

 

『設定が楽しい』のは、本人だけだからね。

それは『自分の世界が具現化した』から楽しいんであって

話としてはちっとも面白くないんだわ。

 

だからその時より『肉付け』して、公開開始したんだけど

『いま一つパンチが足りない』ってずっと思ってた。

 

でも、公開しないと、一生これに引きずられると思ったから

自分のサイトでこっそり始めたの。

とにかく、スタートさせないとどうしようもないと思ったから。

 

そのうち手を入れて、面白くなるはずだ、って

『修正する前提』で公開したの。

 

それが、三か月前にパッと『発芽』したんだ。

 

 

つまり、この修正前とあとは『ネタ数は一緒』なのね。

でも、あきらかに、修正後のほうがいいと思うの。

 

『ネタの数』がおなじでも、違う話になる。

ここでようやく質問者さんの質問に戻る。

 

『おなじネタ』でも三倍近く、文字数は変わるのね。

 

【修正前小説】女子高生軍師、富士山を割る。149 | 小説の書き方-プロ作家が答えます

2943文字。

 

【赤狼】女子高生軍師、富士山を割る。149 ~ナガシュは車李より暑い砂漠の国。~" | 痛すぎる彼氏の小説集。by 晶山 嵐(しょうやまらん)

8236文字。

 

この『増えた部分』が、『読者の分(ぶん)』なんだよ。

 

今あなたが『五千文字しかない』と言っているのは

『自分の分(ぶん)』なんだ。

 

『自分の我(が)』なんだよ。

 

『書き出しただけ』の設定集みたいなものなんだ。

 

そこに『読者用に肉付け』をして初めて
『読者が楽しめるもの』になるんだよ。

 

そして、それをスッと書ける人が、天才と言われる。

 

だから、『書けない』ことを嘆く必要はないの。

『みんなそう』なんだよ。

 

『最初はそう』なんだ。

 

あなたは私がこのブログで書いたように『多作』をしたよね?

他の書き手さんの調査をしたよね?

 

だから、自分の現状を知って

まわりの現実も知ってる。

 

そこで『自分の足りなさ』に気付いたんだよね?

 

なら、あとは、新作を書きながら

考え続けるだけなんだよ。

 

『この小説、もう一歩、面白くできんか???』
『この小説、もう一歩、面白くできんか???』
『この小説、もう一歩、面白くできんか???』
『この小説、もう一歩、面白くできんか???』

 

常に、常に常に、

『考え続ける』だけなんだよ。

 

私の小説はどうしたらもっと面白くなるのか?

 

って。

 

そこまで来たら、句読点がどうの

一人称がどうのじゃないんだ。

 

『小手先』じゃないんだよ。

 

あなたの本質が変わらないといけないの。

 

あなたが『本当に書きたいもの』が『発芽』するのを
待つしかないんだよ。

 

ここまで来たらようやく

『他の作家さん』の作品を読んでも大丈夫になる。

 

『この売れてる作家さんと私との違いはナニカ?』
『私がどうしたらこの人みたいに売れることができるのか?』

 

『この人のナニが、私は面白いと思うんだろう?』

それを考えながら、たくさん読んで!

 

 

映画もいいよ。

ヒット映画をたくさん見るといい。

 

『売れた映画』は
『求められてるものばかりがつまってる』から。

 

それがたとえアイドル映画で

あなたにとっては、下手くそな映画だったとしても

じゃあ、そのアイドルはなぜ売れているのか?

 

そのアイドルを模倣したキャラクターは、

小説で書いても、売れるかもしれないよね?

 

  • 大きな事務所に入っているから?
  • 運がよかったから?

なら、あなたも、大きな出版社に投稿し続ければいい。

運がめぐってきたときのために

準備をしておけばいい。

 

そういうこと。

 

『望んだアウトプット』ができないなら

インプットを続けるんだよ

 

延々とするんだよ。

頭が破裂するまで呑み込むんだよ。

 

なぜなら

アウトプットができないのは
インプットが足りないから、以外の
ナニモノでもないんだよ!

 

そして、他の作品を次々書いて行ったら

フッ、とアイデアを思い付く。

 

その時のために、メモ類を持ち歩かないといけない。



こんなメモだけで、わけわからーんっ!

ってならないように

ちゃんと書き留めなきゃいけない。

 

そして、こういう『閃き』があると

一気にレベルアップする。

 

レベルアップする、ということはつまり

スランプが来るんだよ。

 

不安なのはレベルアップ前のスランプだから。

【小説の書き方】作品に対して不安なのはレベルアップ寸前だから。

 

だから、スランプに備えて、

『吐くほどインプット』すると、

悩んでる時間がなくて済みます。

 

気がついたらレベルアップしてます。

ホントですよ♪

 

あと、推敲を何度もしましょう。

 

過去作を書き直す。

  • 修正したものを新作公開する、
  • 修正して公開する。
  • 公開しない。

それは好きにしたらいいですが、

過去作を見てみましょう。

 

あなたぐらいになったら、過去作を書き直すのでも効果は大きいです。

最初にpixivにアップした小説を読みかえして、

加筆修正してみてください。

 

当時は『これで精一杯書いた!』と思ったものが
今見て、
どれだけ『足りなかった』か
分かるはずです。

 

文字数がどれだけ増えるか、数えてください。

その文字数が、あなたがレベルアップした数、になります。

 

『足りない』と思った分だけ、あなたは成長しているのです。

 

あまり、過去作を修正するのは、普通ならすすめませんが

スランプのときは効果が大きいです。

 

まとめ。

五千文字とか一万文字とか考えず

『楽しんで書く』

 

それができないなら

調査しまくって

『自分と売れているひとの差』はどこか、見極める。

その『差』の部分にあなたが興味があるなら

そこを勉強する。

 

興味がないなら、別の方向で突出しないといけないですね。

 

そして、過去作を修正して、

どれだけ話が変わるか、確認しましょう。

 

結果的に、いろいろ書きましたが

あなたは今、スランプのただなかにいるだけです。

 

今、あちこちリサーチしているように

  • もっとリサーチして
  • もっと勉強して
  • 書けるだけ多作して、

レベルアップを待ちましょう。

 

多作の数だけ、レベルアップは早くなりますよ。

 

楽しんで!

 

【この記事を書いた日 2019/07/23 18:56 】

 

タイトルとURLをコピーしました