【小説の書き方】小説のネタや草稿の管理方法【更新日 2018/06/07】

小説の書き方-プロ小説家が教えます サムネイル askからの質問

 

小説の書き方に関して、アスクからの質問。

 

先日のツイッターログ
「作業進まない理由発見♪」のスクショをみて思ったのですが、


小説を書かれる時も同日なら15分ごとに区切って作業をして、
第一稿、第二稿…と稿を増やしておられるのでしょうか?


あと、小説が完成した後でも、
作業記録として一稿~完成稿まですべて残されていますか?

自分はデータ管理がとても苦手で…
とりあえずフォルダを作って保存するのですが、
それでもごちゃごちゃします…。

もしよければ動画で小説のネタや草稿の管理方法等、
ご教授いただけないでしょうか。

よろしくお願いいたします。

(動画は長くてもいいです! 個人的には、
長い方が見ごたえがあって好きです)

 

小説の書き方に関して、晶山嵐の回答。

 ブログで記事にしました♪
小説のネタや草稿の管理方法 | BL作家 晶山嵐の日記
 

【小説を書くために】小説を書くための集中力について。 | BL作家 晶山嵐の日記 http://rankonikki.jugem.jp/?eid=3444

小説の書き方 『第一稿、第二稿』の意味 1/5 - YouTube https://www.youtube.com/watch?v=dQP40...

WEBページやニュース・ブログの保存なら「紙copi」 http://www.kamilabo.jp/

 

『苦手』という言葉は『逃げ』

『苦手だからできない』というのは単なる逃げです。

 

殆どの場合は『慣れるまでやっていない』のです。

 

漫画でもそうです。

右向きばかり描いているから『左向きが苦手』になるのですよね?

場数が足りてないだけなんです。

 

データ管理が苦手なのも、今初めて苦手と思っただけでしょう?

 

今、初めて、あなたの人生で

あなたの手に負えないデータを抱えた、というだけなんです。

 

いままで10のデータしか身の回りになかったから頭で覚えて居られた。

それが100個のデータが常にあるようになったから、

覚えていられなくなった。

 

それだけの話なんです。

 

100個のデータを扱いだして、場数をこなしてないだけなんですね。

 

そう言うときは

『今、一万個のデータがあったらどうする?』と考えてください。

 

今必要なデータの100倍のデータを管理するようになったら?

そう考えて、それができるのなら

100個のデータは軽々管理できます。

 

100個のデータだから100個のデータ管理、では

110個になったときに、110個のデータ管理方法をまた捜さないといけないのです。

 

私は、数千個のアイテムを管理するゲームを三つやりました。

  1. シムシティ
  2. シムピープル
  3. シムズ2、3
  4. そして、Daz Studio4.10。(3Dソフト)

3までやったときに、

  • アイテム容量は12ギガ。
  • アイテム数は2万。

という状態でした。

 

私は、これからも絶対、こういうゲームするよな……と思って

『巨大データを扱う方法』を先に考えたんです。

 

だから、Daz Studio4.10をしたときに、

5万ぐらいのアイテムを管理していますが、するっとできました。

 

結局は『管理しない』ってことなんですよねw

 

管理なんてしてないってレベルで管理できたら、一番いいです。

 

小説のネタなどの管理はこちらをごらんください。

紙copi | 小説の書き方-プロ作家が答えます

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました