【小説の書き方】小説の力の入れ具合?

小説の書き方-プロ小説家が教えます サムネイル askからの質問

 

小説の書き方に関して、アスクからの質問。

小説について質問させてください。

 

最近、色々な小説を読んでいて、

文章の強弱というか濃淡に気づきました。

 

力を入れて書かれている場面(一番の山場など)と

サラリと書かれているう場面(説明やさして重要でないシーン)があるな…と。

 

もちろん、個々の作家さんの書き方にもよるのだと思いますが。

晶山さんは執筆する上でこのような、

強弱は意識して書かれていらっしゃいますか。

それとも全体的に同じトーンの文を心がけてらっしゃいますか?

 

小説の書き方に関して、晶山嵐の回答。

必要でないシーンはさらりと流すのが読み手には優しいとは思います。


ただ、私は全部ガーッと手を込んで書いてると思います。

いらない部分は削除してしまうので。


私の場合は
同じトーンにしようと心がけているのではなく
いらない部分を削除すると、濃い部分しか残らない、

ということだと思います。


重要でないシーンは省けば良いと考えています。


クライマックス以外も、そこに行くための重要なシーンです。

いらないシーンはいりませんから。


どこの一文を抜いても話が破綻するように書かないと
(不要部分は削り上げる)
読者さんの時間の無駄だと考えています。


私は、ですから、

クライマックス以外でも力を入れて書いています。


テレビでお笑いの人と、

女優さんとでテンションが違いますよね。


あの、お笑いの人の、

高いテンションで書いてると思います。


『薄い』というよりは『抑える』という感じでしょうか。


跳ね返りを抑えているような感じで、


ぬるっとしたシーンでも、

この先の波瀾を感じてもらえると楽しいですね。


波が無いと面白くありませんし
全部クライマックスだと読者さんの息が切れます。


ただ……私の小説は、読者さんの息が切れてるんじゃないかと、

たまに思います。


とりあえず、

全力で書いてます。

 

タイトルとURLをコピーしました