【小説の書き方】推考について

 
 

小説家の身の回りに関するアスクからの質問。

 

「就寝儀式」ブログ拝見しました。

小説執筆時、

このときに読み返されるそうですが、

推敲校正は一切しないで「ただ読まれるのみ」と思って良かったでしょうか?
つい直したりしたくなりませんか?
またこの場合推敲はいつ行われたりしますか?

 

小説家の身の回りに関する晶山嵐の回答。

 

就眠儀式のときの『読み返し』では、推考校正はほぼしないです。


ただ、

すでに『pixiv公開』タグがついているものは、


その場で誤字脱字を直すことがあります。

10秒も掛からない程度で。


10秒以上掛かりそうなら『★★★★★』を入れて、

また転がります。

 


翌日、『★★★★★』を検索して修正します。


他の時は、どうせ修正の時に直すので、

『読むのみ』です。

『直したくなりませんか?』


なるときもあります。


ただ、この時はぼーっとしてるので、


「『修正案』を思い付かない」ことが多いです。


ここ変だなー……と、思ったとしても、

起き上がってキーボードを触ることはそんなにないですね。

 

ただ、一文字二文字でしたら、文章中からマウスだけで

コピーして張り付けることはします。

 


「『修正案』が出たとき」は、直すこともあります。


ただ、本当に「『修正案』をこの時は思い付かない」です。

思い付かない限りは動かないです。

そういうときは何をやっても無駄なので。


寝ぼけ眼で直しても、どうせあとでまた別の文章に直しますから。

ははー、

私の小説やっぱり面白いなー♪
寝る前に楽しい気分になっていいなー♪

 

という目的のためでw
『修正目的』で読んでいないからだと思います。


寝る前に、一番好きな本を読み返すことあるでしょう?

あのノリなんです。


私が自分の小説を寝る前に読み返すのは
『未読の本を読むと、脳が活性化されて眠れない』
から、もあります。


なので、脳を静めるためなので、


ハハーー♪ ………………ぐー……
って感じで。


『読み返す』ことは目だけあればできるので
『書ける体勢』で両手が使えるときに
読み返すのは無駄です。


それと一緒で
寝ぼけ眼で修正案が思い付かないのに
変なところを直そうとするのも無駄です。


変なところがあるな
ってのだけ確認して寝たら
寝てる間に脳が、

修正案を練りだしてくれますよ♪ヽ(´▽`)ノ
そんなことは脳に任せて、

寝ちゃうのがいいです。

タイトルとURLをコピーしました