【小説の進捗について】やる気を起こす方法

小説の書き方-プロ小説家が教えます サムネイル askからの質問
 
 

小説の書き方に関するアスクからの質問。

 

晶山さんは日々作業するにあたって、

モチベーション、習慣(ルーチン)のうち、

どちらの方が推進力になると感じられていますか
毎回やる気が起きるのをずっと待っているのですが、

全然そういう気になれず、

結局は締切間際に嫌々こなしている有様です。

(仕事も原稿も)

 

小説の書き方に関する晶山嵐の回答。

 

仕事はともかく、趣味でしたら、


『いやいやこなしている』のでしたらやめればよいです。


原稿も、プロでないのでしたら

『書きたくなるまで書かない』ことが重要です。


やる気が出ないのに原稿するのは
あなたの人生に置いても
そんなものを読まされる読者サマの時間に対しても無駄です。


【小説を書くために】『書き続けない』という選択。| BL作家 晶山嵐の日記 
------------------------
私はしたいことだけをしていますので
『どれからやるか』を悩みますが、

全部したいことなのでモチベーションは落ちません。


英語の勉強とかたまにモチベーションおちますが
それは喫緊で必要ないことなので、

仕方ないです。


結果が出なくて辛いことはありますが
Aをやる気がなくなればBをします。


Bのやる気が無くなればCをします。


Gのやる気がなくなったら、


大体Aのやる気が出てきますから、

Aやります。


------------------------
『同時多発にしたいこと』を複数持つと
どれか好きなことを常にし続ける状態になりますから
常にご機嫌でいられますよ♪
------------------------
『原稿を書くのがつらい』なら
『書きたくなるまで書かない』と『決めて』他のことをすればよいです。


本当に原稿がしたければ、


そのうち、

喉から手が出るほど『原稿をしたくなる時間』というのが訪れますし、

訪れなかったらすっぱりやめるといいです。


『したいこと』のみに時間を掛けましょう。


------------------------
仕事に関しては『お給料を貰える』ということを

モチベーションにするとよいですよね。


個人で活動していると『固定給』なんてものはありません。


『固定給を貰える』ってことを『当然』だと思うから
モチベーションが上がらないのでしょう。


仕事がなかったら固定給ないです。


仕事があって、

固定給を貰えているという『今』をちゃんと実感してください。


私は人生で5カ月しか、

固定給を貰った期間がないです。


『固定給が貰える』って凄く羨ましいですよ。


固定給じゃなかったらごめんなさい。


ただ、

『仕事がある』という状況でモチベーションが上がらないのは、

贅沢な悩みですよね。


一度『今の仕事が全部無くなったらどうなる?』と、


シミュレーションしてみては如何でしょう。


今の貯金がこれだけで、支出がこれだけで
次に何月までに給料を貰える(振込完了される)仕事につかないと、

家賃(食費)が払えない!
という状況を考えてみてください。


仕事へのモチベーションも上がると思います。


----------------------

タイトルとURLをコピーしました