ペンネームの決め方。【小説を書く前に】

小説の書き方-プロ小説家が教えます サムネイル 小説を書いた後

小説家だけでなく、漫画家やイラストレーターなと、ペンネームを使う職業はたくさん有ります。

 

あなたの思うかっこ良さ、かわいさだけで
ペンネームをつけしまうと
のちのち非常に苦労することがあります。

その『苦労』とは『無視される』ということです。

ペンネームをつけたいあなたは
自分とは別の名前で注目されたいのですよね?

『無視される名前』をつけては、意味がないですよね?
『無視される名前』
『意味がない名前』
『注目されない名前』

 

これらの基本を学んで

『注目されるペンネーム』をつけましょう。

 

『ペンネーム』ではなく『ハンドルネーム』も同じ考え方です。

ペンネームの考え方はそれぞれですが、私が重視するのは下記二つです。

『ペンネームが他人とかぶらない』こと。
『あなたのペンネームで検索』したら、あなたの名前だけが出てくること。

 

ハンドルネームやペンネームが他人とかぶったり、
分かりにくかったりすると、
それだけであなたが有名になる可能性は下がるのです。

 

この記事では、これらを前提に、

ペンネームのつけかたを説明します。

 

小説を書くモチベーションアップのためにも

小説につまったら、ペンネームを考えましょう。

 

もちろん、小説を書き始める前につけても大丈夫。

 

どんな名前をつけてもいいんですが

スマホ全盛時代なんですから

ちゃんと、「『ペンネームだけで広報になる』名前」をつけましょう。

 

ペンネームはもちろん、本名でも大丈夫。

 

本名と違うペンネームをつけるときにちょっとしたコツがあります。

ペンネームは日本語でつける。

日本語で書いた小説のペンネームは

是非、日本語にしましょう。

 

日本語以外でつけると↓こういう危険性が高いです。

【小説を書く前に】ペンネームがアルファベットはNG【評価が少ないなら】 | 小説の書き方-プロ作家が答えます

 

 

 

ペンネームは入力しやすい名前にする。

ペンネームはそのあと、あなたの『名前』になります。

 

SNSでの拡散を狙うのでしたら、

SNSで友人を作ることも多くなるでしょう。

 

是非、『打鍵しやすい』『入力しやすい』名前にしましょう。

 

難しい漢字をどうしても使いたいなら、ふりがなをつけましょう。

 

ペンネームが『夜露四苦』の場合。

SNSで夜露四苦さん! って呼びかけたい場合

その名前を漢字変換するか、コピー&ペーストするか

しないといけなくなります。

 

そんな手間をかけてまで、あなたにレスするか?

って話なんですね。

 

SNSではいちいち呼びかけないよ、とあなたは思うかもしれませんが

『名前を入力してもらう』っていうのは凄く大事なことです。

 

それだけしても名前を入力してくれる、という

入力してくれたかたの好意がわかる行為なんですね。

 

Twitterで想像してみてください。

Aさんがあなたにレスをくれました。

それにあなたの名前が

  • 入っているときと
  • 入っていないとき。

 

あなたから見たら、一緒です。

 

でも、Aさんのタイムラインを見ている人からすると

『あなたの名前』が見えるんです。

 

つまりは、それだけ

『あなたのペンネームが自動拡散される』ということなんです。

 

 

AさんのフォロワーのBさんが

Aさんのタイムラインで『あなたの名前』を何回か見ました。

はっきり覚えてはいませんが、なんとなく頭には残っています。

(・_・).。oO(『あなたの名前』さんって人がいるんだー(二秒後には忘れる))

 

Cさんのタイムラインでも、『あなたの名前』を見たBさんは

(・_・).。oO(そんな人、どこかにいたな……)

 

Dさんのタイムラインでも、『あなたの名前』を見たBさんは

(・~・).。oO(あれ? 最近、この名前、よく見るな)

 

Eさんのタイムラインでも、『あなたの名前』を見たBさんは

(・∇・;).。oO(この人有名人なの?)

 

そう思ったBさんは

誰かのタイムラインで『あなたの名前』が書かれたとき

そのレス先に飛んで、あなたのプロフィールを確認します。

 

(・∇・).。oO(あ! 御同業じゃん! どんな小説書いてるの?)

→ あなたのプロフィールから、小説公開先へ → ファン

 

 

そんな都合のいいことないよ!

と思いますか?

 

『SNSでつながる』ってこういうことなんですよ。

 

 

その時に名前が『日本語以外』だと、

↓ここに行かないんです。

(・_・).。oO(『あなたの名前』さんって人がいるんだー(二秒後には忘れる))

 

日本語じゃないので、無視されるんです。

 

だからいつまでたっても、

(・∇・).。oO(あ! 御同業じゃん! どんな小説書いてるの?)

にならないんです。

 

そして、ここで

『入力しづらい名前』だとレスの時に名前を書いてくれないので、

↓ここに行かないんです。

(・_・).。oO(『あなたの名前』さんって人がいるんだー(二秒後には忘れる))

 

『名前が入力しやすい』か『しにくい』かで

これだけ『拡散度合い』が違うんです。

 

これは、あなたが信じなくても事実なんです。

 

だから『入力しやすいペンネーム』が良いのです。

 

 

『晶山嵐』は入力しにくいですが

これはSNSが出てくる前につけたものなので

それを考えて作っていません。残念。

 

ただ、どのアカウント名も『晶山嵐』になっています。

 

 

ペンネームにフリガナとはこういうことです。

夜露四苦-よろしく-

↑こう書けば『よろしくさん』って『書いて貰える』のです。

 

ペンネームが『卍戒弩号卍』の場合。

卍戒弩号

↑こんなんなったら、日本語だとしても

コピー&ペーストしかできないです。

 

 

ただ、絶対的にユニーク(独特)ですし

覚えられやすいかもしれませんがどうでしょう。

 

大体、その卍はいるのかいらないのか? 飾りなのか?

ってことにもなります。

 

名前一つで読者に『考えさせる』のも手です。

 

この名前は、【2018/07/27 6:42 】時点で

用例のために私が作った名前です。

ネット検索しても出てこなかったので使いました。

 

 

↓フリガナ打ってください。

卍戒弩号-かいどご-

  • そんな読み方だったんか!
  • そして、卍は飾りだったんか!

っていうね。

 

日本語のほうが良いですが、最悪これでもいいです。

卍戒弩号卍-KAIDOGO-

日本語よりアルファベットのほうがカッコイイと思っているあなたは

舶来志向に染まっていることに気づきましょう。

 

別に染まっても良いのですが

『日本語の美しさ』がないと、小説で大家にはなりにくいです。

 

日本語を好きになったほうが

日本語の小説の上達は早いです。

 

ペンネームはユニークな名前にする。

ペンネームはユニーク(独特)のものにしましょう。

 

『ユニーク』というのは『面白い』ではないです。

ユニーク 意味 - Google 検索

 

なぜユニーク(独特)でないといけないか?

 

 

ネットであなたの名前を検索したときに

同じ名前の他人がずらっとあったら、

あなたにたどり着いてもらえる確率は下がります。

 

 

 

実例

ジャニーズで『NEWS』っていうグループあるじゃないですか?

出たときビックリしましたよ。

なんでそんな汎用性の高い単語をグループ名に???

ってなりました。

 

 

そんな名前つけられたら、

 

彼らを検索したくたって

ネットで出てこないでしょ?

 

 

 

↓こういう検索すれば出てきますけどね。

news ジャニーズ - Google 検索

 

これはジャニーズだから、

『ジャニーズ』って複合語で検索してもらえるのです。

 

そんなことさせなくても『スマップ』なら彼らしかいないから

『ジャニーズ』なんて複合検索しなくても、探してもらえますよね?

 

 

『複合語で検索』というのは『キーワード二つ以上で検索すること』です。

一つのキーワードを入れるより、検索結果の精度が

普通は高くなります。

 

あなたが『山田花子』ってペンネームをつけた場合

あなたの名前がネット上で検索して出てくる可能性って

どれぐらいあると思いますか?

 

『山田花子 小説』で出てくるでしょうか?

だいたい、読者の人がそこまで入力してくれるでしょうか?

 

 

『晶山嵐』って、今検索しても、私以外いません。

だから、この名前を検索すると、私のことしか出てきません。

 

作家なら、こういう状態にしないと、

読者が困るのです。

だって、あなたを見つけたいのに、探せないのですから。

 

ひいては、あなたの評価がつけにくくて

あなたが困るのです。

 

私の3Dのペンネームの『天川和香』

天川和香 - Google 検索

これも今、私しかいません。

 

こんな簡単な漢字の名前なのに、ユニーク(独特)にできるんです。

 

Create3Dのブログを作って三カ月の間は、

『天川和香』で検索して来てくださるかたが凄く多くてビックリしました。

 

サイト名より先に、私のペンネームが口コミで広まった、

ってことだと思うんですが、いまだに意味が分かりません。

 

ペンネームの考え方について。

これはもちろん『絶対』ではないです。

 

この方が、ネット社会で『拡散されやすい』ということです。

 

ネットで『拡散されやすい』ということは

『無料で広報してもらえる』と言うことなんです。

 

『広報』というのは『宣伝』です。

 

『宣伝』というと嫌がる人が多いですが

 

 

『ここにあなた好みの小説がありますよ』って教えて上げることの

ナニが悪いのでしょうか?

 

 

 

特に、Twitterなどの『自分のアカウント』で

『自分が書いた小説の公開先』を『教える』ことのナニが悪いのでしょうか?

 

見た人は無視することもできるのです。

 

ネット上では『押し売り』はしにくいのです。

 

広報については↓下記記事でも書いています。是非ごらんください。

広報 | 小説の書き方-プロ作家が答えます

↑これだって『広報』なんです。

 

『他の記事を見てください』という『宣伝』なんですね。

邪魔ですか?

 

参考記事って、表示してくれる方がありがたいですよね?

 

SNSに長居している人は、基本的に暇人です。

締め切り前の人がいちゃ駄目なところですw

 

ですので、『SNSを見ている時点で』

『面白いことないかなー』とみんな思ってるんです。

 

締め切り前にTwitterを見てる人だって

締め切りが気になっていながらも

『面白いことないかなー』と考えてるんです。

 

そこに

 

『こんな小説がありますよ! きっとあなた好みですよ』と

『広報』する

 

ことは、

 

『面白いことないかなー』と思っている人を

『助けること』

 

なんです。

 

 

『宣伝することが悪いこと』という

間違った先入観を捨てましょう。

 

 

 

まとめ

  • ペンネームは
    • すぐ読めるものにする。
    • 日本語にする。
    • 入力しやすいものにする。

広報はちゃんとする。

 

【小説を書く前に】ペンネームの決め方。

でした。

 

エンジョイ! & サンキュー♪

晶山嵐

 

【この記事を書いた日 2018/07/27 8:17 】

 

タイトルとURLをコピーしました