【小説以外のお悩みについて】

askからの質問

 

小説以外のお悩みについてアスクからの質問。

こんにちは。

ヤフオクの件でご回答ありがとうございます。

晶山様の回答を拝見して自分の考えが整理できた気がします。

 

多分、「残念感」で落ち込んだのだと思います。

なぜひとが 嫌がることをするんだろう?
と…。

また、手元に置きたくない本をどうして毎回買うのかな…と、

それが不思議でした。

 

 

 

小説以外のお悩みについて晶山嵐の回答。

大丈夫ですよ~♪
ヤフオクであなたの本を売っている人も、間違いなくあなたのファンです。


それは間違いありません。


あなたご自身が、本を大事にするかたなのでしょう。


けれど、

人類すべてが『本自体』を重要と思うかというとそうではないのです。


私も、ハウツー本などは、必要な所だけちぎって持ち歩いて、

最終的には捨てます。


ハウツー本なら、そのハウツーを入手すれば、

本自体は必要ないでしょう?

 

漫画とか小説も、『一度読んだら二度と読まない』人というのがいるのです。


そういう人にとって、『本自体』は不要なのです。


『手元に置きたくない本』ではなく
『とにかく一度読みたい』というのと
『本自体』に重きを置いていない人で、

小金が入ればいいなぁ、

それで次の本が買えるし
というかたなのです。


決して、あなたのことが嫌いでこういうことをしているのではないのです。


あなたが嫌がることを選んでしているわけではないのです。

あなたがそこまで嫌がることだと気付いていない、

もしくは、それより小金が欲しい、

家に本が溜まるのがいや、

という人なのです。


何度もいいますが
あなたの話が好きで買ってくださっている読者さんの一人です。

ただ、『あなたの創作』は好きでも、

『奥付まで見てるか』というと違います。

 

ご自分の作品を、読者さんが隅から隅まで舐めるように読んでる

なんて、思わないようにしましょう。

 

あなたが『残念』だと思う心の中には

『私が言っているのになぜ聞いてくれないんだろう』というのがありますよね?

 

読者のかたは、あなたの言うことを聞く義務が、ありますか?

 

『私の言うことは聞いて当然』と考えている

あなたの傲慢の一種でもありますよね?

 

あなたはこれからさき、どんどん売れていくでしょう。

その時に、必ずアンチは沸きます。

大体、100人ファンが増えたら一人のアンチが沸きます。

大体は、ヒットエンドランで、一回痛いことをしていくだけです。

 

その時に、筆を折ってしまわれるかたが多いです。

 

でもね、読者全員が、『あなたにとって都合のよい読者』ではないのです。

そこは、もう、キモに命じておきましょう。

将来、あなた自身が傷つかないために。

 

読者さんは、読者さんの好きなように本を読んでいます。

あなたのその『オークションで売らないで』というテキスト自体を

見ていない可能性もあります。

 


あなたを嫌いでしているわけではないです。


あなたの作品が好きな人の一人です。


その点だけは、喜びましょう♪
そのかたは、『あなたの大事な読者さん』のお一人です。

タイトルとURLをコピーしました