【小説以外のお悩みについて】

 
 

小説以外のお悩みについてアスクからの質問。

 

以前に晶山さんブログを拝見したとき、

オフ時代にこうしたらいいのでは…という指摘や感想を伝えてくれた読者さんがいた、

という記事をお見かけしました。

当時は煙たがっていたが、

今は貴重な存在だったと分かる~というような趣旨でした。

アンチとは思わず、

貴重だった…と後になって感じられたのはどのような点でした?
(最近読者として作家様に感想をお伝えすることがあり、

どこまでお伝えしていいのか…と迷うことがあったためです)もちろん礼儀正しくし、

相手は自分の萌え製造器では無いと弁えた上でですが。

 

 

小説以外のお悩みについて晶山嵐の回答。

 

そんな古い記事を覚えていてくださってありがとうございます!
------------------------
手紙の内容ではなく、

作家の経験なんじゃないかと思います。


あの時は自分一人で精一杯で
『できている』と思っていたので
『できていない部分を指摘』されたのがうざかったんでしょう。


今は『できていない』ことが前提なので
指摘していただけると凄く嬉しいです。


------------------------
感想と指摘は違うので
まずは感想だけを送って
それに返事が来てから、考えるとよいです。


返事をくれなかったり
通り一遍の返信だったりの作家さんは
あなたと繋がろうという気が無いのですから
あなたの指摘を受け入れないでしょう。


受け入れない人に指摘するのは
あなたの労力と気力と時間の無駄です。

指摘することを諦めましょう。

自分でその指摘通り、その作家さんの作品を書き直してしまえばよいですよ。

もちろん、非公開で。

あなたの実力がつきます。

 

読み手側のかたでしたら、指摘することを諦めましょう。

あなたのストレスになるだけです。

タイトルとURLをコピーしました