【小説以外のお悩みについて】他人のすることにイライラする

askからの質問

 

小説以外のお悩みについてアスクからの質問。

下記の手法を使うサークルさんが自ジャンルにいるのですが、

見る度にイラついてしまいます。

 

そのサークルさんはイベントで毎回持ち込み50部で販売を遅らせては列を作り、

人目を集めています。

 

列があるのは10分にも満たず、

実売数は自分が上と分かっていますが近くになる度、

イラっとします。

単なる人寄せでマーケティング手法だと分かっているのにです。

どうしたら冷静にスルーできるようになれるのでしょうか。

晶山さんならどうされますか?


(同ジャンルとカプなので、

イベントなので見ないという選択肢が取れないのです。

しかも何回か隣になったことも…)

 

多分、自分がこんな風に人のすることでイラッとするのは、

自分に確固たる自信がないせいだと思います。

質問しながら申し訳ありません。

たった今その事に気付きました。

自分に自信を持って、

人のことなど気にしないようにしたいです。

 

 

 

小説以外のお悩みについて晶山嵐の回答。

回答はすでにご自身で出されたようで良かったです♪
『人に聞こうとする』と『回答が出る』ことは私もよくあります。


そのために、

ツイッターに疑問を書き込んだりブログで提言したり
誰に喋ってるねん、

ってことをよくやりますが
これ、

なれてくると『書こうとしただけ』で回答が浮かぶようになります。


質問者さんはその域に来てらっしゃるので
これからはそれをどんどん使って
とにかく疑問に思ったことは文字にして
できたら、

公開される場所に書き込むといいですよ♪
勿論、このアスクに書いていただいても大丈夫です♪
目の前で疑問が晴れる様を見せていただけるのは楽しいです♪ヽ(´▽`)ノ
言葉を巧く使って、

人生楽しくまいりましょう♪

 

追加です。

あの忙しいイベント会場で周りを見ているというのは

客観性がある証拠でもあります。

私は、他のサークルを見ている余裕はほぼありませんでした。

 

その『客観視』を『他人の悪いことのあら探し』ではなく

『自分の中の良いことのあら探し』に使うといいですね。

 

自信がないのは『成功体験』が少ないからです。

 

『成功体験』が少ないのは、

  • それだけ『トライしていない』
  • 『自分の成功を認めていない』

最低でも二つの見方があります。

 

一回のイベントで50部以上売れているのですから

『トライしていない』ということはないですよね。

 

他の人から見た『成功』をあなたは自信は

『こんなの当然』と思って、

『自分の成功として数えていない』のではないでしょうか?

 

 

私は、イベントに参加するたびに爪が折れていたので

会場を出るときに爪が折れていなかったとか

イベントの前に爪を切るようになっただけでも、

『よっしゃっ! ミッション一つクリア!』とか

自分を褒めましたよw

 

私の友人は、イベント前に神経性でかならずおなかを下していました。

そういうことがないだけ私はまだ健康だな、と

自分を褒めました。

 

質問者さんはそれだけ『他人のアラ』が見えるのですから

それより自分がよかった時に、まず自分を褒めましょう。

 

それで天狗になってはもちろんいけませんが

もう、そういうバランスはとれていると思います。

 

自分を平均だと思って、まわりを『自分より下』だと思うのではなく

周りが平均で、『自分が上』だと思うといいです。

 

そして、上に立つからには、

下の人たちにちゃんと教えて上げないといけない、とか

みっともないところを見せてはいけないとか

多少の博愛精神も持つと、バランスが取りやすいですね。

 

なんにせよ

  • 道路に吐き捨てられた痰を見るのも、
  • 澄みきった青空を見るのも

あなたの自由なのです。

 

気持ちよい方を見ましょう。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました