【小説家の身の回り】プロになりたい意欲

 
 

小説家の身の回りに関するアスクからの質問。

 

Mayaなどの3Dモデリングをはじめられてから、

3年ほど経過されたと思います。

目標はあったりしましたか。

 

 

小説家の身の回りに関する晶山嵐の回答。

 

目標は、

コロコロ変わりましたね。


最初は、小説の表紙とか挿絵を自分で作りたい、

という軽い気持ちだったんですが
3Dを勉強すると、

映画が簡単に作れることに気づき
漫画が作れることに気づき
それぞれを軽く手を出して経験を付けながら
今は販売用アイテムを作っています。


これが、

二年越しになってしまいましたが
初販売にとっとと行きたいです。


Mayaを50万円出して買ったときに
販売アイテムを作る!
絶対売れるものを作る!
という覚悟はありました。


その覚悟があったから
そのあとZBrush9万円とか、

MD五万円とか
立て続けに買って
『効率を上げる』ことに心血注ぎました。


この三つのソフトがなかったら、

私は今、3Dはやってなかったですね。


有体に言うと
最初から
3Dで儲ける気で始めました。


3Dでプロになります♪
それがあったから、

三年間も独学でうろうろしても前に進めました。


『プロになりたい』意欲ってやっぱり凄いと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました