【語彙を増やす】類語辞書を自分で作る

小説の書き方-プロ小説家が教えます サムネイル 小説の書き方

小説を書くために、類語辞書を自分で作る。 | 小説の書き方-プロ作家が答えます

↑この記事で書いたように、独自の類語辞書をこちょこちょ作ってます。

 

で、

今日熱すぎるので

『熱い』と

自分の中から沸きだすものを書き出してみた。


 

------------------------

煮える        
茹だる 
脳が溶ける


脛が熱くなる 
皮膚の表面があぶられてるみたい 
足動かない程熱い


血管が膨張してる 
血液が膨れて中から体が攻撃されてる 
頭から首に汗が滝のように流れる


存在していることが息苦しい 
眼球が破裂しそう 
蝉が鳴きだすと、ちょっと温度下がったんだな、と安心する。


蝉が泣き止んだときの温度が恐怖 
吸い込む空気で喉がやられる 
脳が活動を停止したがってる


熱い国で昼寝の習慣があるの超理解できる 
扇風機から熱風来る 
意識が遠くなる


息が早くなる 
転がりたいけど、そうすると今より熱い布団に触れる面積広くなって絶対熱くなる。 
水風呂が天国


トイレで手洗うだけでも気持ちいい。 
便座のひんやりかんがイイカンジ。 
腸が反乱を起こす温度 

脳がクーデターを起こす気温。 
ため息が熱い。 
頭止まった

 

 


作成日: 2014年8月13日(水) 18時05分

------------------------

たかが数分で、イイカンジの類語できた(笑)

 

 

脳が止まったときこそ、

キャラクターが勝手に動き出す適温♪

タイトルとURLをコピーしました