【小説の書き方】『考察』とは?【二次モデル】

小説の書き方

小説を書く際に、私が考察したことを書きました。

タイバニDVD七巻感想スカイハイ中心6.JPG

アニメ『TIGER&BUNNY』についてです。

最初の公開先。

【タイバニ】キースのナイトパトロールによるヒーロースーツ【考察】 | 晶山嵐

 

【タイバニ】キースのナイトパトロールによるヒーロースーツ【考察】

 

キースがナイトパトロールをしているのかー……
ということで、ちょっと書こうとしたら
なぜかヒーロースーツの技術の方に言及してしまった。

公式設定でかぶってるのは
『キースがナイトパトロールをしている』ということだけで
技術的なことは全部無関係です。
嵐子の妄想です。

DVDをまだ全部見てませんので
なにかが違うかもしれません。
ご指摘いただけると嬉しいです。


 キースは毎晩、自分でパトロールしている。
 出動要請があったときはジェットパックで飛んでいるが、ナイトパトロールの時は自力で飛ぶ。
 ジェット燃料は高いし、ジェットパックの作動音は大きい。ヘリコプターの飛行音よりはましだが、公式パトロールでも無いのに、そんな轟音を響かせて夜中に街をうろつくことはできない。
 出動の時にジェットパックをつけているのは、『飛ぶ』ことは機械に任せて、犯人に能力を一〇〇パーセント使うためだ。
 非公式のナイトパトロールに公式スーツを使うのも仰々しいので、手動装着式のギミックを使っている。結局は、自分が露出されなければキースはなんでも良かった。
 制作自体は会社に任せたが、硬化プラスチックで作ってあるので、防弾性能は低い。だが、塗装は本物と同じなので一見はわからなかった。
 元々スカイハイのスーツは軽量に作られているが、このギミックは当然、もっと軽い。出動の時もこれでいいのではないか? と、キースは思う。宙に浮いているスカイハイに攻撃を当てる猛者はそういないのだから。
 キースの家の一角に、そのギミックを保存してある装着部屋がある。出動時のスーツはマニピュレーターが自動で着せてくれるが、家のこれは、右手、左手、右足、左足、胴体が組み上げられた状態で置いてあった。
 胴体部分を頭から被って腰の緩衝材を肥大させて体に固定する。この緩衝材でスーツを支えているために、パーツが相互にパーツの重さを分散し、体にほぼ不接触で装着する本物よりも腰回りを含め動きにくいし、スーツの重さを体で支えることになるので少し辛い。
 脚、腕とギミックに手足を通し、膝と肘の緩衝材を肥大させて固定する。この緩衝材自体は、通常はスライムのような弾力のある個体だ。これを腰や肘膝に巻いた状態でスーツを着る。中に圧縮空気の粒が入っていて、衝撃を与えると二倍に膨れ、スーツ内で人体とギミックを固定してくれるのだ。これは防寒にもなるし、当然対ショック体の上に、スライム状の柔らかさは維持されているので自由に動けるのだ。帰宅してこの部屋で専用ガスをスーツに流し込むことで収縮し、スーツを脱げるようになっていた。残念ながら、圧縮空気の粒は制作時に入れるので、再利用はできない。
 出動時以外もパトロールをしたいとキースが提案したことで、技術者が作ってくれたものだ。
 この緩衝材も、最初は関節で発泡スチロールのようなものを使っていたが、徐々に進化して、最近はこのスライム状のものになっている。
 大規模な戦争が無くなって来た最近では、武器防具の技術を試すのにはヒーロースーツが一番なのだ。対人が多いとは言え、実践で『すぐに』使ってくれるテストケースとしては最適だった。ヒーロースーツの装甲の技術が、飛行機や戦闘機、戦車やミサイルの装甲に使われる。細かい部分は毎週のように変わっているし、外見は一緒でも、年に何度かはスーツの素材が変わることもある。その度に軽く、動きやすくなることにキースは毎回驚いていた。今、昔のスーツを着れば、重たくて飛べないのではないだろうか。
 昔のスーツでも新式グラスファイバーで作られていたが、次にダイアモンドファイバーと言う新素材が作られ、今はライティングファイバーが使われている。たかが十年で装甲技術が大きく二つ進歩したのだ。ヒーロースーツは二割程軽量になった。特にキースのスーツは鳥の骨のように中抜きの構造になっているために、五割も軽くなったのだ。空から敵を狙うキースは、反撃を受けることが少ないので、強度より軽量化に重点を置かれている。それは、飛行技術に携わる者たちの格好のテストケースなのだった。
 キースの家に常備されているこのギミックスーツは、そういうテストケース金属で作られている。私用なのに無料で提供される代わりに、使用感の報告と、安全性が欠ける可能性があることを了承する誓約書を書かされている。つまりは、無料でギミックを作って上げるから、無料で技術者のアンケートに答えてね、これを使って死んでも知らないよ、ということだった。
 だが、そのおかげで、ヒーロースーツで個人パトロールがしたいというキースのわがままが無料でできる上に、技術の進歩も手伝えるし、最先端技術を使える、ということで、キースは満足していた。ジェットパックも、バージョンアップされるたびに飛行テストをする。その時は装着時間が長い方が良いので、ナイトパトロールの時にも装着させられた。夜中に轟音を轟かせている時があるのはそのためだ。
 それが無ければ、テレビで追い駆けてもいない、スポンサードが表示されるわけでも無い上に、キースの怪我の確率が上る夜間パトロールなど、会社が許すはずが無い。
 もちろん、技術に関しては他のヒーロースーツも大なり小なり同じで、事件より、スーツテストの出動要請の方が多い。虎徹などはこれが大嫌いなので、毎回わめいている。着せ変え人形扱いされるのがたまらないらしい。
 バーナビーが入ってからは、キックとパンチという攻撃の違いはあっても、肉弾戦である二人の戦い方は似ているので、バーナビーがテストすれば、それが虎徹のスーツにも適用されて、虎徹は細かいスーツテストをしなくて済んでいた。その分、出動歩合は下がるので基本給料がバーナビーより低い。
 キースは自分のスーツの性能が上がるのだから、率先してテストに参加していた。装着している時もスーツの性能に気を配り、細かく感想を伝えているので、装着ごとにチューンナップされて毎日のように性能が上がっている。テストに非協力的な虎徹は、関節の軋みや、耐圧感度などを報告しないので、キースのスーツに比べて、動く時の騒音が大きい。よくそんなスーツを着て戦っていられるな、とキースはいつも思っていた。
 手足を動かしてギシギシと軋まれては、意識が散逸して飛ぶことに集中できない。特にキースのフルフェイスメットは体内の音が体外の音より大きく聞こえるのだ。空を飛べば、空気の抵抗音で体内の音は聞こえなくなるが、背中のジェットパックの轟音や振動、スーツの関節の軋みは非常に耳障りだった。静音仕様だとは言え、背中にジェット気流があるのだ。うるさくないはずが無い。
 自分で飛べるのだからジェットパックは要らない、と何度も掛け合ったが、これもジェットエンジンメーカーからのごりおしでやめられないらしい。
 大地に足をつけて、水平三六〇度と上だけに気を使えば良いヒーローとは違い、キースは『常に浮いている』という短所がある。もちろんそれは長所でもあるが、大地に体を任せて姿勢を保持することができないのだ。常に自分で上下左右を理解していなければ、空中にまっすぐ立つことすらできない。そんな状態なので、わずかな軋みや、なめらかに関節が動かないことなどは、非常に困るのだ。イラッとした一瞬で体勢が崩れ、落下する危険性が上がる。
 体の左右を均等に鍛えてはいるけれど、人間が完全な左右対称になることはできない。スーツの重さが左右均等では、体の重さの違いに寄って、どちらかに傾いてしまうのだ。地上戦で傾いても大地がその重さを持ってくれるが、空中で傾いては、姿勢制御をするだけで時間を取ってしまう。
 スーツは左右対称に作れば良いのではない。ヒーローの筋力に合わせて左右の重量は変えてあるのだ。
 キック攻撃が多いバーナビーのスーツは、腕を楯がわりにするので両腕の外側の装甲が厚い。右手でパンチをする確率の高い虎徹は、左手を楯がわりにするので、右腕の装甲は軽くして動きやすく作り、左上腕の装甲は分厚く、幾分重たい。肉弾戦をしない他のヒーローは、防温と動きやすさ、軽さを重視してある。冷気を操るブルーローズのスーツは最先端ヒートテック技術の結晶だ。
 先週、新たにチューンナップされたギミックスーツを着装して、今日もキースはナイトパトロールに出る。
 悲鳴が一度も聞こえない夜を願って。


作成日: 2011年11月24日(木) 09時54分


キースってどうやって『飛んで』るんでしょうね。
『風を操る』ってのは、『空気』を操っているのか『気体』を操っているのか。
キースには空気が『見えて』いるのか、空気を『質量』として感じているのか。
どうやって『風を操る』のか。

考えると楽しい♪


キース、大好きだーっ!

スカイハーイ!


初めてタイバニを見たとき、キースが空を飛んでた。
ロングコート金モール鎧が裾とモールなびかせて空飛んでるっ!
萌えた。

本当に、このスーツは美しい。
金モールとか裾とかあるので、機能美とは言えないけど
見ているだけで心が和む。(はぁ……)

設定資料を眺めていて(まだDVD見れてない。注文中)
「尾翼ついてんじゃん」ということにようやく気づく。

尾翼の向き逆やん、とか思いながらも
逆だと確実にあちこち引っかけるだろうし、
この向きでも、肘鉄入れたら凶器やん……

と考えたら


【タイバニ】血塗られたヒーロー・スカイハイ【裏紙落書きメモ】 | 晶山嵐 #pixiv を書いてた。

↑漫画だから後書きとかもう書けないので、こっちに書いちゃう。ごめん。

もちろん、全員のスーツが最先端高級技術なんだけど
フルアーマーは『実用』って点で量産するの難しいと思うの。
大体、モビルスーツ部隊とかあるようだし、まずさらうのが大変。
囲んだってスーツがあるから殺すの大変だし。

けど、スカイハイのジェットパックはただの小型ジェットだから
技術さえわかれば民間でも量産簡単だと思うのね。

それに、キースは軽装だから、
囲んで布団蒸ししちゃえば気絶させることは簡単。

装備が弱いのに、最新技術を積んでる、っていう
テロリストからすると涎がたれそうな存在だと思うの。

そこで問題になるのが、腕についている尾翼(フィン)ですよ、って言う……
あれ、混戦で多大なる威力を発揮するよね。
足にもついてるから、前蹴りより回し蹴りの方が威力ある。


見たい……
スカイハイの肉弾戦……

あの、裾と金モールをヒラヒラさせての肉弾戦……

まぁ、殴るより先にカマイタチ出した方が効率いいから
肉弾戦なんてしないんだろうけどねー……

あの長い足で、回し蹴りしてほしい……

どろどろに疲れ切ったそんなスカイハイを助ける振りして
裾をピッと踏んでこかせたい。

ふふ……


実際には、スカイハイとかファイアーエンブレムの能力って
『逮捕』には向いてないよね。
簡単に殺せちゃうもんな。

拳銃とホウキで『喧嘩』するなら、ホウキが勝つんだよ。
殺し合いするなら拳銃の圧勝だけど。
『怪我をさせられない』戦いなら、怪我をさせにくい武器が勝つ。
スカイハイとかファイアーエンブレムは面倒な戦いかたをしてるんだろうと思う。

スカイハイの能力で一番強力なのは
自分の周りに水平にカマイタチを発生させて、
360度の敵を一気に切り裂くことだろうにね。
もちろん、敵は即死で逮捕できない。

まぁ、そこまで能力が強いのかどうかもわかんないけど、
うちで書くならそういう能力にする(笑)

一番怖いのは折り紙だと思うんだ。
誰にでも化けられるって、本当に怖いよ。
悪い方に使ったらなんでもできるから。
私が実権持ってたら、折り紙みたいな能力持ってるネクストは
見つけた瞬間闇で抹殺するわ。

しれっと、大統領に化けて、核のボタンを押せるのは折り紙だけだもん。
生かして置くのが危なすぎる。
マーベリックも阿呆だなぁ。
イワン操作して、市長とか資産家になって、
ヒーローTVになんぼでも予算おろさせりゃいいのに。

私はイワンが一番怖い。
そして、設定資料で、イワンが一番美形だと設定されていることにただいま涎垂らし中。

スカイハイの考察なのに、いつのまにか折り紙考察になってしまった。
いやいや、スカイハイが一番ですよ。
イワンがスカイハイに化けたって、なんにもできないからね(笑)


ああもう……
ジェイクにY字に吊られたスカイハイに後ろから抱きついてぶら下がりたい。
悲鳴を上げるキースの声を背中から骨伝導で聞きたい。
吊られて冷えた体が、激痛で熱くなって、じっとりスーツが湿ってくるのを掌で感じたい。

……って、
スカイハイ、浮けるんじゃん。

晒し目的以外に、吊られている『苦痛』なんて無いんじゃん。
チッ……


あのY字吊りは燃えた。
萌えじゃなく、燃えた。

スカイハイは、両手を上に上げたポーズが決まるね!
どんな状況でもそのポーズが美しいよっ!

スカイハイ……好きだーっ!\宣/

 

11-12-10追加

これを書いたころは、スカイハイも薄型フルアーマーだと思ってたんです。
古代ローマの鎧みたいに、胸筋を打ちだした胸部鎧みたいに。
でも、もしかしなくても、スカイハイって胴体部分、全身タイツ?

そうなると、首の部分のパーツの重さが直接肩に乗ってますね。
あの大きなマスクを首だけで支えてるのもかなり疲れそう。

他の人のフルアーマーは文中にも書いてるように、パーツごとでパーツの重さを分担して
中の人には重さがかからないようになってると思うんです。
そうじゃないと動けないから。
でも、スカイハイのスーツが、本身が全身タイツだと、パーツの重量を支えられないから
キース自身が筋力つけないといけない、ってことになってるのかな。

ジェットパックとか、上半身がアーマーじゃないなら、かなり重たいでしょうし
作動したら肩方向へのつり上げになるわけだから、きつそう。
ジェットパックは丈夫なハーネスで胴体部分に設置されてることになるから
パラシュート背負って闘ってる様なもん。

胴体部分全体が、ジェットパックの作動に耐えられるような硬い布だと
柔軟性に欠けるでしょうしね。

今回の原稿でこの考察使いましたが、
(エロには使ってませんけど)
かなり手を入れて、ずいぶん変わっちゃいました。
キースがスーツの技術者の所に殴り込みに行ったりとかね(笑)

ジェットパックの作動って、どうやってんのかなー……と
新たな疑問がわいてきまして。つい……

こういう強力な機械って、下手すると装着者の体がちぎれちゃうだろうから
いろいろと怖いです。機械を体に付けるのは。

しかし寒い……
現在8度……
指先がかじかむー

今日も、スカイハイが飛んでそうな綺麗な空でありますように♪

スカイハイ……好きだーっ!\宣/

 

タイバニに関する他の考察。

【タイバニ】ヒーローズの能力を考えてみた。 | BL作家 晶山嵐の日記

ネクスト能力は鍛練で能力値が上がるのか? | BL作家 晶山嵐の日記

【タイバニ】DVD7巻!感想 スカイハイ中心 | BL作家 晶山嵐の日記

 

 

3Dでスカイハイを作るための考察。

Daz Studio4.9の基本フィギアを改変したキース。

ダズスタジオでタイバニキャラ作る

ゲルマン系のうっとうしい顔にした。

【タイバニ】2012年1月8日新刊 表紙メイキング日記【兎・空・義足】【全裸】 | BL作家 晶山嵐の日記

 

↓これを作って、『私の中にも「かわいい成分」なんてものがあったんだ!』と気付いたw



【Shade】スカイハイぐるみ作成【メイキング】 | BL作家 晶山嵐の日記

 

スカイハイ スーツ考【作るために】 | Create3D-3dCG制作作業日記

 

二次でも、こんぐらいは考察しますよ、って話でした。

 

私が二次をする基本は、『その二次じゃないとできないこと』がメインなので

こういう突っ込んだ考察をして、その穴で話を作りますw

 

【この記事を書いた日 2018/03/22 18:03 】

 

 

タイトルとURLをコピーしました