小説の書き方

小説の書き方

【小説を書けない 初心者】あなたはどこで引っかかってますか?

小説を書きたいのに書けない。 その場合、下記のどこで引っかかっているか、確認しましょう。 テキスト化のレベルが低い。 ネタがない。 ネタはあるけど文字にならない。 ネタはテキスト化してるけど、それが文章にならない。 ...
小説のネタの見つけ方

【小説を書くために】物語はどうやって生まれるか

これは人それぞれなのでセオリーは無い、です。 天から啓示を受けて自動書記をする人もいます。 その上で、私の場合。 話の思いつき方はいくつかありますので 私が経験した順序を書いてみます。 物語のできかた 私の実例。 ワ...
小説の書き方

蜻狸『山百合の小兵』第9稿

 短刀達が続々修行に立つ中、蜻蛉切はこの本丸に参画し、その日のうちに阿津賀志山に送り込まれた。  近侍のへし切長谷部、燭台切光忠、陸奥守吉行、鶴丸国永、同田貫正国とともに向日葵の海を馬で駆け抜ける。 「天下三名槍の一振りと言えど、今のお...
小説の書き方

蜻狸『山百合の小兵』第8稿

 短刀達が続々修行に出て、極として奮闘している中、蜻蛉切は初めてこの本丸に参画した。  そして、その日のうちに阿津賀志山に送り込まれた。近侍のへし切長谷部、燭台切光忠、大倶利伽羅、鶴丸国永、同田貫正国と共にひまわりの海を馬で駆け抜ける。 ...
小説の書き方

蜻狸『山百合の小兵』第7稿

燭へし、くりつるがすでにいる本丸。京都も終わってる。 槍一本目の蜻蛉切。 錬度1だけど、精鋭部隊と一緒に阿津賀志山に出陣。「後ろで見てろ! お前の槍は敵に刺さらん!」と言われて大人しくしていた。長谷部、燭台切、大倶利伽羅、鶴丸、タヌ...
小説の書き方

蜻狸『山百合の小兵』第6稿

燭へし、くりつるがすでにいる本丸。京都も終わってる。 槍一本目の蜻蛉切。 錬度1だけど、精鋭部隊と一緒に阿津賀志山に出陣。「後ろで見てろ! お前の槍は敵に刺さらん!」と言われて大人しくしていた。長谷部、燭台切、大倶利伽羅、鶴丸、タヌ...
小説の書き方

蜻狸『山百合の小兵』第5稿

燭へし、くりつるがすでにいる本丸。京都も終わってる。 槍一本目の蜻蛉切。 錬度1だけど、精鋭部隊と一緒に阿津賀志山に出陣。「後ろで見てろ! お前の槍には敵には刺さらん!」と言われて大人しくしていた。長谷部、燭台切、大倶利伽羅、鶴丸、タヌ...
小説の書き方

蜻狸『山百合の小兵』第4稿

 タヌキ 「自分の槍が邪魔でございましたなっ! 差し出がましいことをいたしましたっ!」  短刀達が、花を綺麗だときゃっきゃ騒いでいる。  ナニが『綺麗』なのかわからないタヌキ。  ▲を【見上げて】 「ああ……お前は綺麗だな」  ...
タイトルとURLをコピーしました