【修正前小説】女子高生軍師、富士山を割る。149

小説の書き方-プロ小説家が教えます サムネイル 小説の書き方

小説を書くときの、修正前とあとを比べるための『修正前』の小説です。

 

修正後はこちら。

【赤狼】女子高生軍師、富士山を割る。149 ~ナガシュは車李より暑い砂漠の国。~" | 痛すぎる彼氏の小説集。by 晶山 嵐(しょうやまらん)

 


 ナガシュは車李より暑い砂漠の国。
 今が一番涼しいからって、次の国、摩雲に移動することになった。
 みんな白い布をかぶって、子供と白い人を真ん中にして夜に出た。
 ガリさんも白いから、真ん中。いつもは先頭を走ってるのに。黒い戦士より厳重に布をかぶってるから戦えないのね。サル・シュくんもそう。私ももちろんそこに居るけど、私よりサル・シュくんのほうが白いから、大変そう。朝日でも指先がしもやけみたいになってた。
「ねぇ……あれ………………ナニ?」
 周りがざわついた。
 見張る貸す限り青空の筈なのに、黒い……
「『その世』の雲だっ!」
 誰かが叫ぶ。
 砂嵐?
 こんなところで?
 

 

 

 



 いつもの、軽く煙る砂嵐じゃなかった。
 息もできないぐらい、長くて激しくて、ガリさんの末っ子の、マッちゃんが飛んで行くのは、見えた。でも、何も、できなかった。
 できなかったの……
「じっとしてろハル! 俺たちが死ぬ!」
 サル・シュくんが私を抱き締めて、ただ抱き締めて……
 摩雲まで、たどり着いた戦士は少なかった。みんな、摩雲までの水は馬に積んでたからギリギリ大人は助かったみたい。
 砂嵐でちりぢりになって、とにかく、星を見て進めた戦士はいたけど……子供たちが……
 砂嵐が去ったときに、サル・シュくんは私をリョウさんに任せて砂漠に戻った。
 ガリさんも、リョウさんも子供を助けには、行かなかったのに。
 ガリさんも白いから。もう、この砂漠で力が無くなってた。
「ダメよサル・シュくんっ! キミだって白いのよっ! 早く北に行かないとッ! 水はあと二日分も無いのよ!」
 キラ・シの誰もが、自分が生き残ることに必死になった。
 もう、子供はたくさんいるから。
 世界中に幾らでもいるから。
 三日後に、サル・シュくんが帰って来た。
 ずっと玄関前で待ってた私には、見えた。
 でも……そこまで……
 王城の門で、私に手を振って、彼は……馬から落ちた。
 周り中で悲鳴があがり、キラ・シが走り、みんなが首を横に振る。
 どうして?
 服を、着て……ない…………
 胸に布を抱きしめて、動か……ない…………
「サル・シュくんっ! リンなのっ? リンを連れてきたのっ!」
 サル・シュくんは、息をしてなかった。
 真っ赤にただれた肌は、はち切れて血を滴らせてた……
 服を全部子供にやって……自分の影で守って、来た…………
「ハルっ! 中天だぞっ! 影に入れっ!」
 リョウさんや戦士が駆けてきて、サル・シュくんを影に運んでくれる。
「サル・シュくんっ! 息をしてっ! 息をしてっ! 嘘でしょっ!」
 全身が火傷で真っ赤で……水ぶくれも出て…………もうすこし焼けたら、顔の判別もつかなかった。
 誰も、子供を捨てたのに…………どうして……
 君がいたら、君の子は幾らでも産まれたのにっ!
「大丈夫、サル・シュくん…………リンはちゃんと育てるから…………」
 そう、思った、のに…………
 サル・シュくんが抱いてた布から出てきたのは、ル・アくんだった。
 ガリさんも、リョウさんも、目を見開いてる。
「どうして……サル・シュくんっ…………っ…………なんで、リンじゃないのっ?」
 ル・アくんが、屋敷の中に連れて行かれた。
 サル・シュくんはここに放置されてるのにっ……
 ガリさんもただ、サル・シュくんを見つめて…………
「どうしてサル・シュくんがあなたの子を救うのよっ!」
 あの時、ガリさんが『ル・アを助けろ』と言ったわけじゃなかった。ガリさんも瀕死だった。
 サル・シュくんが、自分で、ル・アくんを助けたんだ!
 どうしてっ!
 ガリさんが、少しも揺らいでくれないのがっ肚立だしいっ! 少しぐらい叩かれて動いてよっ! 押し下がってよっ! そんなっ! 壁みたいに立ってないでっ! 少しは傷ついてよっ! 
「いなくなったっ! サル・シュくんがいなくなったっ! サル・シュくんの子も居なくなったっ! もうっ産まれないっ! サル・シュくんの子なんて、産まれないっ! どうしてっ!」
 また、豪雨が世界を覆った。

 

 

 

 

 

 

 


【ハルナを見つめるル・ア】

 

 

 

 

 

 

 


「ル・ア、ハルに近寄るな」
 ハルがこけそうになったから支えようとしたら、リョウ・カに止められた。父上がハルを抱き上げて、部屋に連れて行く。
 あんなにいつも笑ってたハルが、泣きはらして真っ赤な目をして、俺を、睨む。
「あなたが死ねば良かったのに……」
 そう言って、俺を、睨む……
「ハルはル・マが死んだときもああだった。しばらくすれば治るから、近寄るな。特に、ル・アはな」
「どうして……サル・シュは俺を助けたの?」
 ハルが怒るのは正しいよ。
「どうして? 見つけたのがル・アだからだろう?」
「違うよ、リン・シュもいたんだ。一緒に馬の影にいたんだよ」
「……どういうことだ?」
「サル・シュは、リン・シュが生きてるのを知ってた。ちゃんと、リン・シュを抱きしめてた。でも、俺を馬に乗せたんだ」
 父上、どうしてっ! ってサル・シュを呼んでたリン・シュの声が耳から離れない。
「どうして? って聞いたら、『二人乗せたら全員死ぬ』って……」
 サル・シュは、自分の服を脱いで俺にかぶせて、布でくるんで、馬を走らせた……
 なら、サル・シュが助けるのはリン・シュじゃないの? ……と思ったけど…………言えなかった。
 俺が、置いていかれるから……
 ハルが怒るのは当然だ…………サル・シュは、リン・シュを助けるべきだった。自分の子なのに!
『キラ・シのために生きろ、ル・ア…………お前を産むために、ル・マが死んだ。
 お前がキラ・シを救うから、と先見をしたから、ル・マは、自分の命を掛けてお前を産んだんだ』
 それが、サル・シュの最後の言葉だった。
 だから、俺を助けた?
 自分の子より?
 俺一人のために、何人が死んだの?
 誰にも言うな、ってリョウ・カに言われたけど……
「ねぇル・アくん…………ごめんなさいね、サル・シュくんが死んで、私、どうかしちゃってて……」
 ようやく笑ってくれるようになったハルに、みんながホッとしてた時、話しかけてきた。
「仕方ないよ………………あんな時だったもの」
「サル・シュくん……最後にナニカ言ってた? 君と会ったあと、彼、どうだった? 聞かせてくれる?」
 誰にも言うな、ってリョウ・カに言われたけど、でも…………全部、話した。
 俺がハルでも聞きたいと思うから。
「そう……」
 ハルの手が、俺の頬を撫でる。
「ガリさんに良く似て……白いわね……あなた」
 サル・シュの方がもっと白いけど……って、言えな……かった。
「リンだって同じくらい白かったんだから…………生き残れた筈なのに……」
 ハルはもう、笑って、なかった。
「死んでもキラ・シを助けなさいよ」
「う……ん…………」
 それは、絶対に、する。
「ル・アくん…………そうじゃないと、ル・マちゃんも、サル・シュくんもリンも、子供たちも報われないわ。
 あなたはガリさんも、殺すの…………それがル・マちゃんの先見だった……」
 そんなのは……知らない…………そんなこと、ある筈ない……
「私が愛した人を、あなたが全部殺したの」
 刀に、貫かれたかのよう。
「嘘つきには、私が百石、投げるからね」
 ハルの目から、血の涙があふれて落ちた。

 

修正後はこちら。

【赤狼】女子高生軍師、富士山を割る。149 ~ナガシュは車李より暑い砂漠の国。~" | 痛すぎる彼氏の小説集。by 晶山 嵐(しょうやまらん)

 

コメント

  1. […] 【修正前小説】女子高生軍師、富士山を割る。149 | 小説の書き方-プロ作家が答えます […]

タイトルとURLをコピーしました