【小説の書き方】どうしたら一万字の小説が書けるのか?

askからの質問
はじめまして、こんにちは。晶山さんの小説講座を参考にしながら一万字を想定した短編の同人小説を書いてみたのですが、出来上がったのは五千字程度のものでした。起承転結で書いたはずなのに掌編並みの短いものが出来上がり下手すぎて悲しくなりました。文字数を増やそうにもどこを増やせばいいのかわからなくなりました。文字数を想定の量まで増やすにはどうしたらいいでしょうか?

目次

ましゅまろからの質問。

長編を書き始めたけど、5000文字しか書けない。

長いのを書くにはどうしたらいい?

 

晶山嵐からの回答。

長い小説を書こうとするときは、

『長い小説を書けるだけの「ネタ」』が必要です。

 

『文字数を増やす』のではなく

『ネタを増やす』のです。

 

 

文字数だけで、小説を倍にするのは

初心者には困難ですし

そういう小説は絶対に面白くないです。

 

 

『文字数稼ぎ』をしようとしないでください。

『ネタ』を作りましょう。

 

 

もう一つ。

何度もトライしてください。

 

一回でできるのは天才だけです。

 

『多作』しましょう。

そのうち書けるようになります。

 

『もう無理!』と思うのは、100作書いてからです。

 

100作書いてなくて『できない』のは

たんに経験値不足です。

 

 

具体的な理屈。

『物語』には、下記のような『部品』があります。

 

【小説の書き方】気力の不要な部分から書いていく | 小説の書き方-プロ作家が答えます

 

 

『1ネタ』、『1エピソード』

 

  1. 冒頭。
  2. 小エピソード
  3. 中エピソード
  4. 大エピソード
  5. クライマックス
  6. エンディング

 

短編の場合は『一つのネタ』でこの全部をカバーできることがあります。

 

ただ、『分割する』と、これぐらいのネタがないと

『読んでいて面白くない』です。

 

三千文字の小説でもこれぐらいは必要です。

 

 

こういうことですね。

 

  1. 冒頭のネタ。
  2. 小エピソードのネタ
  3. 中エピソードのネタ
  4. 大エピソードのネタ
  5. クライマックスのネタ
  6. エンディングのネタ

 

せめて6つのネタがないと、一本にならないのですね。

 

 

主人公がめっちゃかっこよく煙草を吸ってて

それにヒロインが一目惚れする話が書きたい。

 

これだとネタはこの二つ。

  • 主人公がかっこよく煙草をすう。
  • それにヒロインが一目惚れする。

 

ツイッター小説ならこれでも良いですが、

これだけだと、1000文字書くのも大変でしょう。

 

『小説の体裁』を整えるなら

下記のように、あと5つのネタがないと、

一本の話にならない、ということです。

 

  1. 冒頭のネタ。
  2. 小エピソードのネタ
  3. 中エピソードのネタ
  4. 大エピソードのネタ
  1. 主人公がかっこよく煙草をすう。
  1. クライマックスのネタ
  1. それにヒロインが一目惚れする。
  1. エンディングのネタ

 

 

漫画だと、

『かっこいい主人公』は『一枚のイラスト』で描けますが

小説だと『どうかっこよいのか?』を文字で書かないといけません。

 

ですので、私はこのブログで何度も『テキスト化』の鍛練が必要

と書いているのです。

 

【小説を素早く書くために】『テキスト化能力』を鍛える。 | 小説の書き方-プロ作家が答えます

 

『ネタ』を『話』に落とし込む。

 

  1. 冒頭のネタ。
  1. 主人公の設定説明
  1. 小エピソードのネタ
  1. 主人公とヒロインの出会い
  1. 中エピソードのネタ
  1. ヒロインとのイベント
  1. 大エピソードのネタ
  1. イベントが危機
  1. クライマックスのネタ
  1. 危機を乗り越えて凄く面白くなった。
  1. エンディングのネタ
  1. このあとどうする?

 

 

『ネタ』だけで箇条書きにしてみる。

 

  1. テニスプレーヤーの主人公がいます。
  2. ヒロインも同じクラブ。先輩です。
  3. 二人でクリスマスに、学校に忍び込んでパーティーをしよう!
  4. 一杯用意して学校にいったら、校門乗り越えるときに上から落ちた!
  5. 彼女は屋上で待ってて、連絡できない。
  6. 這いずって上がったら、彼女が凄く安心してキスしてくれた。
  7. 病院でプリプリ怒ってる彼女とキス。

 

これぐらいで三千文字じゃないでしょうか?

 

『ネタ』の意味がわかっていただけたでしょうか?

 

 

校門から落ちる奴なんていない、と思うでしょう?

私が落ちたんですw

 

事実は小説より奇なり!

擦り傷だけで済んだんですけどね。

『ダメな経験』がエピソードを増やす一例w

 

だから『苦労は買ってでもしろ』と言われるんです。

 

長編はこれの繰り返し。

商業誌一冊分だと、新書で大体12万文字になります。

 

ナニで『文字数を増やしているのか?』というと。

 

  1. 冒頭。
  1. 小エピソード
  2. 中エピソード
  3. 小エピソード
  4. 中エピソード
  5. 小エピソード
  6. 中エピソード
  1. 大エピソード
  1. 小エピソード
  2. 中エピソード
  3. 小エピソード
  4. 中エピソード
  5. 小エピソード
  6. 中エピソード
  1. 大エピソード
  1. 小エピソード
  2. 中エピソード
  3. 小エピソード
  4. 中エピソード
  5. 小エピソード
  6. 中エピソード
  1. 大エピソード
  2. 特大エピソード
  3. クライマックス
  4. エンディング

 

『エピソードを増やす』んですね。

決して『文字数を増やそう』と考えているわけではないんです。

 

大きな話になるほどネタを増やします。

たとえば先程のネタだとただこれだけです。

 

  1. テニスプレーヤーの主人公がいます。
  2. ヒロインも同じクラブ。先輩です。
  3. 二人でクリスマスに、学校に忍び込んでパーティーをしよう!
  4. 一杯用意して学校にいったら、校門乗り越えるときに上から落ちた!
  5. 彼女は屋上で待ってて、連絡できない。
  6. 這いずって上がったら、彼女が凄く安心してキスしてくれた。
  7. 病院でプリプリ怒ってる彼女とキス。

 

エピソードを増やす。『思い出』の追加。

『思い出の追加』は簡単です。

そして、一気に文字数が稼げます。

 

なぜなら

人はいつでもどこでも『思い出す』から、

どこでなにを考えても、『不自然にならない』のです。

 

勿論、

  • 本文
  • 思い出
この書き分けができていないと、読みにくい小説になります。

 

その前に『思い出』のネタがないと書けません。

 

 

『思い出』を増やすとこうなります ↓

  1. テニスプレーヤーの主人公がいます。
  1. 家族説明。
  1. ヒロインも同じクラブ。先輩です。
  1. 先輩と初めて出合ったときの思い出。
  2. 好きになったきっかけ。
  3. もっと好きになった事件。
  1. 二人でクリスマスに、学校に忍び込んでパーティーをしよう!
  2. 一杯用意して学校にいったら、校門乗り越えるときに上から落ちた!
  3. 彼女は屋上で待ってて、連絡できない。
  1. 主人公との思い出。
  1. エピソード1
  2. エピソード2
  3. エピソード3
  4. 親戚が怪我で死んだ話。
  1. 這いずって上がったら、彼女が凄く安心してキスしてくれた。
  1. 流血してる主人公に、親戚を思い出して物凄く動揺する。
  1. 病院でプリプリ怒ってる彼女とキス。

 

これだけで、ネタが9個増えましたね?

 

『親戚が死んだ話』が伏線になって、

主人公の現状が凄くリアルになります。

 

エピソードを増やす。キャラクターを増やす。

キャラクターを増やしてしまえば

その説明のために、自然と文字数は増えます。

 

三千文字だと、二人の人物を書くのがせいぜいでしょう。

 

 

キャラクターを増やすとこうなります。

 

  1. テニスプレーヤーの主人公がいます。
  1. 家族説明。
  1. ヒロインも同じクラブ。先輩です。
  1. 先輩と初めてであったときの思い出。
  1. 他のキャラクターをからめる。
  1. 好きになったきっかけ。
  1. 他のキャラクターをからめる。
  1. もっと好きになった事件。
  1. 他のキャラクターをからめる。
  1. 二人でクリスマスに、学校に忍び込んでパーティーをしよう!
  1. 他のキャラクターをからめる。
  1. 一杯用意して学校にいったら、校門乗り越えるときに上から落ちた!
  2. 彼女は屋上で待ってて、連絡できない。
  1. 主人公との思い出。
  1. エピソード1
  1. 他のキャラクターをからめる。
  1. エピソード2
  1. 他のキャラクターをからめる。
  1. エピソード3
  1. 他のキャラクターをからめる。
  1. 親戚が怪我で死んだ話。
  1. 這いずって上がったら、彼女が凄く安心してキスしてくれた。
  1. 流血してる主人公に、親戚を思い出して物凄く動揺する。
  1. 他のキャラクターをからめる。
  1. 病院でプリプリ怒ってる彼女とキス。
  1. 他のキャラクターをからめる。

 

これでまた、8個のネタが増えましたね。

 

キャラクター一人につき、100頁増える。

新書レベルの文字数の本を『シリーズ』で5冊続けたとすると

『1キャラクター』につき、100頁増えます。

 

『文字数を増やす』という点で言うと、

キャラクターを増やすのが一番簡単です。

 

『キャラクターを増やす』ことが、文字数増大に簡単に効果がありますが

『キャラクターを増やす』ことは簡単ではありません。

 

キャラクターを作らなければならない。

『キャラクターを増やす』には、

『キャラクターを作る』必要があります。

 

『キャラクターを作る』ことが簡単な人は

とっととキャラを増やして文字数を稼いでいるので

『文字数が増えない』と悩んでいる人は、

ここで詰まっている可能性が高いです。

 

 

『長い小説が書けない』原因の一つに

『キャラクターをたくさん書けない』という問題があるわけですね。

 

 

ここから先は、また別の記事で。

【キャラクターをたくさん書くには?】

書いたらここにリンクします。

 

 

直接、文字数を増やす。

先程、テニスプレーヤーのクリスマス小説で

三千文字ぐらいって書きましたが

私はこのネタで12,000文字書いてました。

 

 

実例 1

この部分をテキストにします。

 

  1. テニスプレーヤーの主人公がいます。
  2. ヒロインも同じクラブ。先輩です。

 

 

 八代剛一五歳。

 草加学園中等部二年生。

 サッカー部所属。

 彼は、クリスマスを一緒に過ごす彼女を探していた。

 真田公子。三年生。

 ライバルを蹴落としてようやく結ばれたのだ。

 

何気ない冒頭。86文字。

これでも、冒頭としては分かりやすくていいと思います。

 

 

これを、こうする ↓

 

 

 公子先輩とキスがしたい。

 

 

 

 

 八代剛一五歳。

 草加学園中等部二年生。

 サッカー部所属。

 我ながら男前だと思う。将来性抜群だぜ。今もいいけどな。うん。

 髪は短めだけど、毎朝前髪立てるのにセットしてる。二週間に一度散髪行って長さも保ってる。ニキビは気にしてるから何度も顔洗うし、キレイキレイ。真剣な顔すると怖がられるけど、でも、ハンサムだよな。うん。

 この年にしちゃぁ身長高いし。成績悪くないし。大体が、全国レベルのこの草加サッカー部で三年差しおいてレギュラーもぎとったぜ。へへ。俺がんばった。エライ!

 そして。

 クリスマスを前にした現在。

 恋人有り。

 あると……思う。うん。俺の恋人。

 真田公子先輩。一個上の三年生。

 長めの前髪、外跳ねにセットしたまん丸猫目のかわいこちゃん。

 ほんとにビー玉みたいなでかい目で。俺よりちょっとだけ、ほんのちょっとだけ背ぇ高いのに、なんか見あげてくるみたいに見てくるんだよなー。それがまたかわいい。俺、成長期前だから、すぐ追い越すしっ! 待ってて先輩!

 第一ボタンまで留めてる細い首。黒いサポーター履いてる短パン。膝がぐりっとしてて、ひょろっと長い足。長い腕。

 コートの中だと確かに筋張ってるんだけど。普段はその長い手足はふにゃふにゃしてる。筋肉なんてどこにあるんスか?

  「真田の筋肉はほぼ全部速筋だからねぇ……スタミナないのはしょうがないよね。体質改善していかないと、これから大変よね。胸無い分、走るの速くていじゃない」

 別の先輩にそんなことを言われてた。

 いやいやいやいや、けっこうあるっスよ! ちゃんとブラジャーもつけてるし!

 早く動く筋肉は細くて、持久力のある筋肉が太くなる。公子先輩の体は早く動く筋肉でできてる、と。俺の体は逆にどんどんでかくなってくるし。うーん、我ながらちょっと怖いかも。ただでさえ強面でクラスメイトの女子に怖がられてるのに、体がでかくなったらそれこそなんだよな……

 俺がどんだけ大きくなったって、先輩俺のこと嫌いにはなりませんよね?

 へへ。一度先輩抱き上げてみたいなぁ。

 

 

865文字。

 

これができれば、すぐ、文字数は10倍になります。

 

 

この長文でも ↓ ネタはこれでしかないですよね?

 

  1. テニスプレーヤーの主人公がいます。
  2. ヒロインも同じクラブ。先輩です。

 

 

ただ、分解すると

 

 

 

  1. この話の目的
  2. テニスプレーヤーの主人公がいます。
  3. ヒロインも同じクラブ。先輩です。
  1. 他キャラクターがヒロインを説明。

 

 

この二つが追加になっています。

 

 

『 公子先輩とキスがしたい。』

これで始まったら、

『どんなレベルの恋人』なのかもすぐ分かりますよね?

エロは出てこないw

 

エロ好きの人は、ここでUターンしてくれます。

 

 

 

『ネタの大きさ』を考えよう。

 

『ネタ』にも『大きさ』があります。

  • 煙草に火をつけようとした。
  • テロリストが主人公の机の下に爆弾を仕掛けた。
この二つ、凄く大きさが違うの、わかっていただけますか?

 

 

小説上級者は、この『大きなネタ』をポン、と思い付きます。

だから『ネタ一つで100頁ぐらいかけるだろ』ってなるわけです。

 

 

でも、 ↓ こういうのしか思い付かない初心者は、

 

  • 煙草に火をつけようとした。

 

このネタをどうやって100頁にするんだ?

と思って

『文字数を増やす』ことを考えるんです。

 

 

違うんです。

ネタの大きさが、元から違うんです。

 

  • テロリストが主人公の机の下に爆弾を仕掛けた。

 

 

これを『小説用のテキスト』にしたら、何行掛かると思いますか?


この『部分』だけではないですよね?

まず、これを埋めないと『ネタのテキスト化』ができませんよね?

膨大なテキスト量が必要になりますね?

 

 

ここから先は下記記事で詳細を書いています。

【小説の書き方】気力の不要な部分から書いていく | 小説の書き方-プロ作家が答えます

 

 

 

一つのネタを細分化してみる。

 

 

 

これを細分化って、もうしなくていいですよね。

 

 

とか、不要ですね。

 

それはもう、テキストでやってしまった方がいいです。

 

 

でもこれは、細分化できますね?

 

 

こんなレベルで『細分化』していくのです。

 

 

こんな面倒臭いこと、私はやってません。

ただ、頭の中でこれをやって、一瞬でテキストを作っていくわけです。

 

 

簡単に言うと、この一番細分化したネタで、200文字書けたら、上等ですね。

 

 

  • 煙草に火をつけようとした。

 

この1ネタで、200文字書けたら凄いでしょ?

原稿用紙半分をこのネタで埋めるんですよ。

 

 

こういうことをすると、

細分化したその最終ネタを数えれば

小説が何文字になるかは、大体わかります。

 

そのための『ネタを細分化しよう』なのです。

 

  • 煙草に火をつけようとした。
このネタだけで、212文字 ↓

 

主人公が煙草に火をつけようとポケットを探ったらライターがなかった。出てくるときに、ガスが切れかけていたのが見えたので、部屋にあるガス満タンのに入れ換えようと、出して棚に置いたままだった。仕方ないので昼食まで我慢して、レジ横に置いてあったマッチを貰って火をつけた。ライターしか使ったことがなかったので、マッチのニオイに頭がしびれる。マッチは携帯が面倒だし、切れたら大変だしで選択肢になかったけれど、この日からマッチ派になった。

 

 

これで205文字。

主人公は駅前で人を待っていた。においがつくから喫煙する気はなかったのだけれど、となりで煙草を吸われて我慢しきれなくなった。禁煙しようしようと思っているので、新しく煙草を買っていない。だから、今、ポケットにあるのが最後の一本だ。だが、それはいつ買ったものだっただろうか? 『これをすったら、次は買わない』と誓ったらけっこう我慢できていたが、もう限界だ。勿論、ライターもマッチも持っていない。隣の人に火を無心した。

 

 

209文字。

主人公はエルメネジルド・ゼニアの黒スーツで駅前に立っていた。新宿でも目立つかもしれないが、異様に目立つ。じろじろとした視線を意に介さず、胸ポケットから黒い煙草の箱を出した。ジャラムブラック。バリ産の細くて黒いスタイリッシュな煙草だ。オロビアンコジッポで火をつける。煙草の先端でバチバチと丁子がはじけ、甘い香りが漂った。一瞬で、高級クラブのような雰囲気になったが、工事中の京橋の北改札である。

 

『京橋の北改札』でこんなのが検索で出てきた。

この写真が京橋なのかどうかは不明。

私がこないだ行った時は工事中でもっと汚かった。

 

 

これ三つで、20分ぐらい。

一つ、7分ぐらい。

ネタが10個あったら、70分。

 

頭が疲れるので、そのまま倍数にはできませんが

おおよその時間は計れます。

 

小さなネタで、いくつ200文字書けるか。

こういう『鍛練』もたまにはいいです。

 

 

つまりは

『最小ネタ』で200文字書ける。

この前提があって

『いくつのネタ』があったら、一万文字になるか?

 

50個のネタがないと、一万文字にならないですね?

 

  • 煙草に火をつけようとした。
このレベルの『極小ネタ』が50個あって、

ようやく、一万文字になるんです。

 

 

『一万文字が書けない!』と思ったらかぞえてみてください

ネタが50個ないでしょう?

 

ネタがないのだから、その文字数が書けないのは当然なんですよ。

 

 

 

 

まとめ

長い小説を書きたいなら、 ネタを増やす。

コメント

  1. […] 【小説の書き方】どうしたら一万字の小説が書けるのか? | 小説の書き方-プロ作家が答えます […]

タイトルとURLをコピーしました